キャリア

知らないと大惨事!30代SEが異業種への転職で注意すること!

30代SE転職

だいご
だいご
こんにちは、SE転職相談員のだいごです。 (^^)/

30代のあなた!SEライフを楽しんでますか?

この記事では、30代のSEが転職する時に気をつけるべきことをまとめました。

僕自身も30代の時に、異業種(正確には異職種)への転職を行いましたが、残念ながら後悔することに。。。そこで経験したことをもとに、30代SEのあなたがどうするべきかまとめました。

30代のあなたには回り道をしてほしくない。そんな思いが伝われば幸いです。

30代から異業種への転職はおすすめできない

30代SEというと中堅SEとして各現場で大活躍していたり、管理職として活躍されている人も多いんではないでしょうか。

そんな30代でもSEというと悩みはつきものです。

「今の職場の人間関係が嫌だ。。。」
「なんで自分だけ評価されないんだろうか。。。」
「定年まで働き続ける自信がない。。。」

新卒で入社して同じ会社で働ていたりすると、長年一緒に働いている同僚とも、どこかうまくいかなかったり。仕事をしていても、上司に評価されなかったり。
ストレスが溜まることだらけで、毎週日曜の夜は憂鬱な気分になったりします。

こんなストレスを感じる精神的にぎりぎりの毎日を過ごしていたら、人生楽しくありませんし、鬱になってしまいます。鬱になる前に、そんな毎日から卒業するべきです。

具体的に何をするかというと、やはり「転職」です。

しかし、30代というと10年以上の経験をしてきている訳ですから、今まで頑張ってきたことがもったいないですし、その経験を活かせる場所、経験を生かしてほしいと思っている会社が、絶対にあります。

SEとしての限界を感じ、20代のころから抱いてきた異業種への転職を考えてしまう気持ちもわかります。
僕自身もそうでした。。。10年以上、SE以外の仕事をすべきだったと常に考えていました。

正確にお伝えすると異業種(会社の業務内容が違う)への転職はいいんです。
SE以外の異職種への転職は絶対オススメしません!

そんな僕が異業種かつ異職種に転職して経験した現実を紹介します。

自分が経験した30代から異職種転職の現実

僕は大学卒業後、大手SIerを10年以上、次に外資系企業の社内SEを経験しました。
この外資系企業の社内SEの次に経験したのが、同企業の別職種でした。

商品販売と品質管理を担当している別の部署で管理職として働いたのです。

社内転職でしたが、今までのキャリアは給料として認められず、むしろ、新しい部署の経験がないため、給料的にもかなりがっかりだったことを覚えています。

未経験とはいえ、今までのSEとしての経験を考慮されないのは、切ないものでした。

しかし、社内SEとして転勤となるリスクもあった事と、外資系管理職としてキャリアを築いていけるかもしれない。それは自分を成長させる良いチャンスかもしれないと考え決断しました。

実際に管理職になってみると、未経験で覚えることだらけでしたし、部下の方が業務をよく知っている状態でしたので、部下に教えてもらいながら、必死に業務をやっていました。

上司なのに部下よりも業務をわかっていないという、がっかりな状態です。

惨劇の詳細は、下記のプロフィール紹介記事を参照してください。

この経験を通して思ったことは、「30代からは異職種への転職をするべきではない」ということでした。

異職種への転職をするなら、20代までです。
30代となって、10年以上の経験があるにも関わらず、それを捨てて別の職種に転職するのは、本当にもったいない話です。

SEとしての経験を活かせる会社や職種は、世の中にたくさんあります。
今の職場が辛いからといって、IT業界から飛び出してはいけません。

30代から転職するなら同職種

SE以外の職種を経験して痛感したのは、30代から転職するなら、同職種です。

SEとしての職種は変えずに、異業種として選択する会社の業種は別にどこでもいいんです。
職種が同じであれば、自分の経験を活かせますし、SEとしての自分を成長させ続けられます。

SEとしてのキャリアを伸ばしていける環境で働き続けることができます。

飲料、住宅などのメーカー、商社、電気、ガスなど、どの業種の会社でも必ずIT関連の仕事があります。
大きい会社であればIT部門が社内にありますし、中小であれば、総務でITの仕事をやっていたりします。
読者のあなたもご存じなように、SEにも色々なSEがあります。そういった仕事を狙っていけばいいんです。

30代の転職者に求められる能力

では、起業が実際に転職する場合、採用側の企業としてどのような能力を求めているんでしょうか?

30代は20代と比べても、職場での責任範囲が違うことが多いです。

20代までは、実際の開発能力(上流工程~下流工程まで)と、チームリーダーとしての能力が必要でしたが、30代になるとチームリーダーの経験だけでなく、プロジェクトマネージャーや管理職としての経験が要求されます。

30代転職で要求される能力
  • 管理能力
  • コミュニケーション能力

実際にプロジェクトマネージャーや、リーダーとして働いていない人や、経験をしたことがない場合もあると思います。
その場合は、職務経歴書や、面接での応答でうまく回答できるように準備しておく必要があります。

30代の転職先の探し方

次に、30代の転職先の探し方はどのようにすればいいんでしょうか?

オススメは、転職エージェントまたは転職サイトです。

なかでも転職エージェントは、今までの職務経歴と希望職種などを登録しているだけで、エージェントがオススメの転職情報を提案してくれるので、本業の仕事を続けながら、転職先を探すのに大変便利です。

自分も使ったおすすめの転職エージェントを次の記事で紹介しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

30代転職というと、もっとも転職需要があり、良い会社に転職するチャンスもかなり高くなります。
40代、50代で遅れて初めての転職をするよりも、30代のうちに転職を経験し、キャリアを築いていくほうがおすすめです。

転職未経験で初めての転職を40代以上で経験するより、30代のうちに転職の経験を積み、新しい会社に慣れる力(適応力)や、職場が変わってもうまく世渡りしていく力をつけておく方が得策です。

今回紹介した下記の能力について、参考にして頂いて、よりよりSEキャリアを築いていって頂けると幸いです。

ブラックに押しつぶされそうだったSE生活

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です