キャリア

これだけ読めば裏事情も全て丸見え!SEの種類とおすすめSE

SE転職相談員だいご

こんにちは!SE歴15年以上、SE転職相談員のだいご(⇒プロフィールはこちら)です。

転職を考えているAさん

だいごさんは、色んなSEを経験されているんですね。
実際に経験してみて、どのSEがおすすめですか?

SE転職相談員だいご

そうなんです。
15年以上のSE経験のなかで色々経験させてもらいました。
それぞれの良いところや悪いところ含めて、おすすめのSEをお教えしましょう!

私は15年以上のSE経験の中で、社内転職も含めると3回以上の転職を経験し、3種類のSEとして働きました。

その経験を踏まえて、3つのSEについて良いところと悪いところや、仕事の内容を紹介していきます。

仕事の内容には、実際の一日の流れも載せていますので、リアルなイメージができるかと思います。

この記事は、絶対にブックマークして、転職を考えた場合に何度も確認するべきです。

もし、あなたが転職を考えている場合は、自己分析と転職先のリサーチが必須です。

自己分析とは、自分がどんな仕事に合うのか、どんな仕事をしたいのか分析することです。

転職先のリサーチは、自分がなりたいSEを明確にして、実際に求人情報を見ながら、転職活動を進めることです。

自己分析とリサーチの両方をしっかり行って、転職活動を進める必要があります。

転職してから、自分に合わないとか、やりたい仕事はこれじゃない、といったことにならないようにしなければなりません。

絶対に。。。

人生は長いようで短いです。遠回りしている暇はありません。

確実な転職をしていくことで、効率的にキャリアアップしていきましょう。

一度、ブラック企業など条件の悪い会社に入ってしまうと、再転職する際に、ネックになってしまいます。

給料が下がったり、前職の経歴がマイナス評価になってしまいます。
そんなことは、全力で避けなければなりません。

私もSEを徹底的にリサーチし、転職することで、給料も10%ずつアップし、スキルアップ、家族との時間確保も実現できました。

ぜひ、あなたもしっかりリサーチして絶対に転職を成功させましょう。

それでは色んなSEついて解説していきます!

SEの種類(SIer客先常駐、社内、ベンダー)

システムエンジニア(SE)といっても、色んな種類があります。

「やっている業務」によって種類に分けることもできますし、「所属する会社」によって分けることもできます。

「やっている業務」によって分ける場合は、次のように分類されます。

  • Web系
  • 業務系
  • オープン系
  • 組み込み系
  • インフラ系
  • アプリケーション系

後者のように「所属する会社」によって分類する場合は、次のように分類されます。

  1. ベンダー系SE(ソフトウェアベンダー、メーカー、通信キャリア)
  2. 客先常駐SE(SIer企業)
  3. 社内SE、ユーザー系SE(非IT企業)

明確な基準があるわけではないので、人によって分類の仕方に差分があります。

また、SIer企業を客先常駐SEとしているのは、SIerを事業内容として掲げる企業のほとんどが客先常駐となるためです。

それぞれのSEと相手にするお客様の組み合わせは下記の通りです。

SEの種類お客様となる対象
①ベンダー系SEコンシューマ(一般の人)、非IT企業
②客先常駐SEベンダー、メーカー、キャリア
③社内SE所属する非IT企業の社員とそのお客様(一般の人)
それぞれのSEとお客様の組み合わせ



上記のSEは、それぞれ密接に関係してきます。

例えば、ひとつのITシステムを構築する際に、それぞれのSEが次のような取引き関係でつながっていきます。

【パターン1】
コンシューマーに需要があるITサービスをベンダー系SEが構築する場合

コンシューマー →需要→ ベンダー系SE →発注→
客先常駐SE →発注→ 客先常駐SE

【パターン2】
非IT企業が自社内システムの構築を外注で行う場合

非IT企業の社内SE →発注→ ベンダー系SE
→発注→ 客先常駐SE →発注→ 客先常駐SE

SEの種類としてはわかれていますが、取引の関係で密接につながっていくことがわかります。

また、客先常駐SEは、1次請け、2次請けと連なっていき、後ろに行けば行くほど、給料も安くなっていきます。
その為、客先常駐SEとして働く場合は、なるべく一次請けで仕事ができる会社に入る必要があります。

私は、ここで分類したベンダーSE、客先常駐SE、社内SEとして働いた経験がありますので、実際に働いて入手した生の情報を紹介します。

各SEの仕事内容と、メリット、デメリット、そして、長年の現場経験で得た成功のノウハウも紹介していますので、参考にしてください。

ベンダー系SEってどうなの?

ベンダーSEは、ITシステムやソフトウェア、ITサービスを供給する会社に所属し、お客様は一般ユーザーであったり、非IT企業となります。

実際にシステムを使うお客様(ユーザー)から、どんなシステムを使いたいか要望を聞き、システムとして構築していきます。

システムエンジニアとして、上流工程から携わることができるので、幅広いスキルを付けることができ、将来的にITコンサルとしてキャリアアップできるSEでもあります。

ベンダーSEの実態は、次の記事を参考にしましょう。

ベンダーSEの仕事と一日の流れ

ベンダーSEで働くメリット

ベンダーSEで働くデメリット

ベンダーSEで成功する方法

客先常駐SEってどうなの?

次に客先常駐SEについて解説します。

SIer(システムインテグレーター)企業に所属するSEですが、SIerといっても、様々な会社があり、分類が難しいものです。

実際は、ソフトウェアベンダーや、メーカーでも事業内容としてSIerを掲げていたりします。

しかし、15年以上のSEを経験して感じるのは、SIerというと基本的に下請けのIT企業が多いということです。

下請けとなるため、発注元の企業に常駐して仕事をすることが多くなります。(客先に常駐となってしまう理由も、以下の記事で説明しています。)

客先常駐SEの仕事は、システムを実際に使うユーザーと直接やり取りすることがないため、上流工程から携われないという特徴があります。
しかし、携われる仕事の範囲が幅広く、応用が効く為、転職してどこでもやっていけるSEです。

客先常駐SEの実態は、次の記事を参考にしましょう。

客先常駐SEの仕事と一日の流れ

客先常駐SEで働くメリット

客先常駐SEで働くデメリット

客先常駐SEで成功する方法

社内SEってどうなの?

社内SEは、非IT企業の情報システム部門に所属するSEです。
情シスという単語も聞いたことがあるんではないでしょうか。

非IT企業の社内で使用するITシステム(勤務システムや、営業支援システムなど)を管理したり、新たに構築・導入していく部門です。

お客様は、社内のITシステムを使用する同じ会社の社員になります。
会社によっては、自社製品をお買い上げ頂くお客様も含まれる場合もあります。

ITシステムというと、社員が使うPCやサーバー等も含まれてくるため、業務の範囲も幅広く、ヘルプデスクの役割を兼任する場合も多々あります。

社内SEの実態は、次の記事を参考にしましょう。

社内SEの仕事と一日の流れ

社内SEで働くメリット

社内SEで働くデメリット

社内SEで成功する方法

おすすめのSEは?

みんなで楽しく

3つのSEについて、それぞれの特徴が分かって頂けたんではないでしょうか。

私自身は、大学を卒業後、次の通りの経歴を経験しました。

客先常駐SE → 社内SE → ベンダーSE

「色んなSEを実際に経験して、他の人にどのSEをすすめますか?」
と聞かれた場合、私は社内SEとベンダーSEと回答するでしょう。

理由は、将来性を考えると、客先常駐SEは厳しいと考えるからです。

色んな現場で仕事もできて、汎用性があるSEですが、年を取ってから、若い人にまざって、同じ仕事ができるかというと、不安があるからです。

対して、社内SEやベンダーSEは、同じ業務に継続して携わっていくため、業務の経験がシステム構築に生きてきます。いわゆる職人のようなものです。

新しく入社したばかりの人が、ロケットスタートでパフォーマンスをフルに発揮しにくいSEであるとも言えます。

また、10年以上にわたって客先常駐SEとして働いてきましたが、職場の人間関係や、お互いに仕事を取り合う風土など、ストレスのもとになる問題が散在しています。

そんな荒んだ現場で、ストレスに負けて、心を病んでしまったり、体を壊してしまう人をたくさん見てきました。

そういう面で、社内SEとベンダーSEの方が、精神衛生的にも良い環境で仕事ができると、実際に感じました。

まとめ

というわけで、色んな種類のSEとそれぞれの特徴を紹介しました。

あなたがSEとして転職する場合は、自分がSEとしてどんな仕事をしたいか、どんなSEが自分に合うのかしっかり考えて転職しましょう。

その為には、色んなSEがありますので、それぞれの特徴をしっかり理解し、入念なリサーチをする必要があります。

入念なリサーチを行うには、転職エージェントに相談するのが一番の近道です。

次の記事では、転職エージェントを使うべき理由や、おすすめのエージェントを紹介していますので、参考にしてください。

私も、エージェントに相談して、転職市場の情報を入手し、自分に足りないスキルなどをアップデートしています。

転職を考えていない人の場合も、他の会社の情報を仕入れておくことは、SEとしてキャリアアップしていく上で、有効です。

本記事では、各SEが成功するためのノウハウもリンクされていますので、現場での仕事に活かしてください。

SE転職相談員だいご

それでは、楽しいSEライフを!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です