キャリア

自分はSEに向いてないなんて言わせない。自分に合うSEに転職しよう!

自分に合うSEに転職
だいご
だいご
こんにちは、SE転職相談員のだいごです。 (^^)/

SEとして仕事をしていると、自分の適性について悩むことってないでしょうか?

「自分はSEに向いていないんじゃないのか。。。」
「SEを辞めて違う職種に転職しようかな。。。」
「このまま、SEを続けるのはつらい。。。」

こんなふうに悩んで悩んで、悩み続けているSEも世の中には多いかもしれません。

大手SIerで働いている時は、実は私もそうでした。
周りが優秀すぎて、自分に自信が持てない日々で、悩み続けていました。

しかし、SEという職種は色々な種類があり、自分に合うSEに転職した方が、生き生きと仕事ができることを、実際の転職を通して感じることができました。

「同じ悩みを抱えているSEのあなた。」

ぜひ、行動して自分に合うSEライフを探してみましょう。

この記事では、素晴らしいSEライフを実現するためのSEの探し方と転職方法を紹介します。

自分はSEに向いていないと悩んだ日々

苦悩した大手SIer時代

私は大学卒業後、一部上場の大手と言われるSIerに入社して、10年以上働いてきました。

働いているなかで、上司に評価されるときもあれば、評価されないときもありました。

上司との相性、職場の人との相性もあったかと思いますが、トータルで見ると出世もしていませんし、できない方だったなぁと、改めて思います。

とはいえ、そんな悶々とした悩みを抱えながら、10年以上働いてきたわけですが、自分でもよく頑張ったと思います。
毎週日の夜に、明日から仕事だと考えるとテンションも下がっていましたし、ウツになってしまうんじゃないかというくらい、悩んでいました。

とはいえ、他の職場だって大変なのは同じ、みんなストレスをを抱えて仕事をしているもんだと自分に言い聞かせて、なんとか続けていました。

しかし、ついに転機が訪れます。

ついに転職を決意

ところがある年。

主要お客様の方針転換で地方展開が縮小し、自分が働いていた支店の仕事が激減したのです。

その影響で、支店から関東への転勤のリスクが一気に上がったのです。

私は真剣に悩みました。

そのころ一軒屋も立て、住宅ローンを抱えていましたので、転勤は何としてでも避けねばなりません。 転勤を避けるためには社内に残るという選択肢はありません。

そこで、私は決断しました。
「転職しよう。」

転勤が正式に決まってからの転職も検討しましたが、そうなると何歳になるかわかりません。
30代後半~40代で転職するよりも、若いうちに転職するほうが良い条件が見つかるかもしれない。

そんなことを考えながら、仕事を続けながら、転職活動を開始しました。

社内SEとの出会い

転職先を探してみると、社内SEという職種があることがわかりました。

社内のヘルプデスク(パソコンのサポート)と情報システム全般の管理・運営をしていく仕事です。
自分は、人を助けることが結構好きなので、まさに向いている職場だと感じ、社内SEになることを決断しました。

実際になってみると、社内でITに詳しい人としてかなり重宝され、感謝されることがたくさんあります。
自分たちの仕事次第で社内の情報システムが動かなくなり、ビジネスに影響を与えてしまうという、大きな責任もありますが、非常にやりがいのある仕事でした。

大手SIerで働いている時と比較すると、ストレスは半分くらいに減り、仕事に行きたくないということはなくなりました。
転職して若干給料は減りましたが、転勤のリスクもなく、転職して良かったです。

自分に向いているSEを探そう

私の場合、大手SIerよりも社内SEという職種に合っていると思いました。
人の役に立つことが天職だとも感じています。まぁ、すべてのSEが周り回って人の役に立つわけですが、直接、目の前にいる人を助けられるという醍醐味があります。

あなたの場合は、どうでしょうか。
日々のSEとしての仕事の中でも、コーディングをやっている時が楽しいとか、お客様から要件を聞いて検討している時が楽しいとか、いろいろかと思います。

大学卒業後、定年まで1社で働き続けるのもいいですが、少しでも気になることや、向いていないかもと考えることがあるようでしたら、転職も視野にいれていくべきです。

SEの種類

では、あなたがもし悩んだ場合、どんなSEを選ぶべきか見ていきましょう。
SEの種類は大きく分けて下記があります。

SIerのSE

お客様向けにシステムを構築して提供する会社のSEです。
基本的に客先常駐が多いのもこのSEで、プロジェクトの規模が大きく、プロジェクトごとに勤務場所が変わったりするので、一緒に働く人も入れ替わります。
年を取ってくると、新しい場所で交流するのも面倒になるという話もよく聞きます。

社内SE

会社の情報部門で社内情報システムの管理・運営を行う部署で働くSEです。
社内の社員が使用するPCのトラブルシューティングも行います。
あまりパソコンに詳しくない社員を相手にするので、感謝されることが多い職場です。

自社開発系のSE

SIerとは対照的に自社のパッケージソフトを販売するような会社です。
客先常駐がなく、基本的に自社で開発することがメインとなる為、お客様から就業状況を監視されることもなく、自由な勤務ができる職場です。

違うSEに転職する方法

転職活動をスタートする場合は、転職サイトまたは転職エージェントを使用するのがオススメです。
特にエージェントは、転職サイトと比較すると下記の点でオススメです。

  • 転職サイトに載っていないような転職情報を持っている。
  • 自分の希望に合わせて、良さそうな転職情報を提案してくれる。
  • その会社の過去の面接実績や会社の情報を提供してくれる。
  • 転職先との日程調整をやってくれる。
  • 給与交渉をやってくれる。

転職サイトも非常に便利になっていますが、エージェントを使わない手はありません。
提案された会社情報をウォッチして見ているだけでもいいでしょう。

まとめ

いかかでしたでしょうか。

自分もSEとして向いていないんじゃないかと悩んでいましたが、SEにも色々な種類があり、自分にあうSEとして働いた方が、トータル的にいいと考えます。

今回の内容を踏まえて、あなたに合うSEはどんなSEなのか、考えてみるのもいいかもしれません。

毎日、ストレスで悩んでウツになるくらいなら、転職してしまうのも手です。
転職が当たり前になっている昨今、今の職場でベストを尽くすのも素晴らしいと思いますが、転職もありです。

SEとしてのキャリアを考えた時に、今回の記事が参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です