異業種

脱SE経験者が語る!SEが公務員に転職するってどうなの?

脱SE経験者が語る!SEが公務員に転職するってどうなの?
SE転職相談員だいご

こんにちは!SE歴15年以上、SE転職相談員のだいご(⇒プロフィールはこちら)です。

転職を考えているAさん

公務員が気になるんですが、SEから転職するってありなんでしょうか?

SE転職相談員だいご

うぅ~ん。。。
SEとしてやって行きたいなら、おすすめしません。

公務員っていうと、安定しているとか、給料がいいとか、定時帰りとか良いイメージしかありませんよね。

私も20代の頃は「なんでSEになってしまったんだ。。。公務員になればよかった。。。」とずっと考えていました。

SE仲間と飲むときもだいたい「公務員になりたい」話で盛り上がっていましたね。

残念ながら、
「公務員になりなさい」
「公務員は最高だよ」

と親も教えてくれなかったです。
まぁ、それは余談ですが。。。

そんな公務員への憧れもあり、実際に、公務員試験を受けたこともありますが、結果はダメでした。倍率が高いですし、試験も難しかったですね。

また、公務員といっても、地方公務員や国家公務員など色々な種類があり、それぞれ年収やブラック具合も違ってきます。

もし、あなたも公務員を考えているなら、これから解説するメリットとデメリットを総合的に判断していく必要があります。

せっかく、今まで積み重ねてきたSEとしての素晴らしいキャリアがありますので、慎重に行動しましょう。

SEが公務員に転職するメリット

まず最初に、SEが公務員に転職するメリットを解説します。
やはり一番のメリットは、あなたもイメージしている通り、安定している部分です。

SEが公務員に転職するメリット

  1. 給料が安定
  2. 異動や転勤がない
  3. 将来に不安がない

1. 給料が安定

なんといっても一番大きなメリットは給料でしょう。

給料が良くなければ、どんなに仕事にやりがいがあっても、人間関係が素晴らしくても、やる気は続きません。

私も外資系で仕事をしていたころ、管理職としてのやりがいある仕事を任されましたが、その時に辞令として提示された給料が低すぎて、一気にモチベーションダウンしたことがありました。。。

では、実際にどのくらい違うのかというと、SEと公務員を比較した結果は下記の通りです。

SEと公務員の給料比較
月収ボーナス年収
SE 40代37.8万円151.3万円605万円
公務員 43.4歳41万164万円656万円

参考URL
https://heikinnenshu.jp/it/se.html
https://www.jinji.go.jp/kyuuyo/index.html

40歳前後でみると、年収で50万近く差があり、公務員の方が高いことがわかります。

さらに高いだけでなく、安定しているというメリットもあります。

組織の業績によって、ボーナスが減額されることがなく、満額もらえることがほとんどです。
それに対して、民間企業のSEは、業績の影響で簡単にボーナスが減らされます。
業績が悪くて、年間1か月しか出ないとか、全く出ないということもあるでしょう。
そうなると、年収で150万以上の差が発生します。

「公務員は給料の見直しで厳しくなってきた」と言いますが、まだまだ、給料面でも魅力が高いと言えます。

2. 異動や転勤がない

2つ目の大きなメリットは、異動や転勤がないということです。

SEは、プロジェクトが終わる度に新しい部署やチームに異動になります。
部署だけの異動であれば、まだいいでしょう。

一番怖いのは、転勤や長期出張を伴った異動です。
勤務している地域に仕事がなくなると、地方から東京に、東京から大阪にという具合に仕事のある地域に出稼ぎにでる必要があります。

プロジェクトが2年、3年と長い期間続く場合はいいですが、数か月という短いスパンの場合は、最悪です。

次、どこに飛ばされるかドキドキしながら仕事をしなければならなくなります。

こんなSEと比較すると、公務員は数か月で飛ばされることもなく、恵まれている素晴らしい仕事です。

国家公務員であれば、配属された仕事によっては、全国を飛びまわる場合もありますが、地方公務員であれば、そういった状態も避けられます。

考えてみてください。家族を置いて、出張に行かなければならない状況を。。。

3. 将来に不安がない

かつて日本は、終身雇用が当たり前の時代でした。
一流企業に入れば、一生安心、定年まで安心した働けて、定年後は退職金と年金で悠々自適に余生を過ごす。。。

しかし、今はどうでしょうか?

一部上場の名だたる会社でさえ、早期退職制度を使って、定年まで雇用するリスクを避けようとする時代です。

しかし、公務員であれば、不当に解雇されることもなく、適当に仕事をしていても定年まで安定して仕事することができます。

さらに、定年後のお金の心配もなく、安心して暮らせます。

大手企業と比較した場合、退職金の差はあまりありませんが、大きいのは年金の部分です。

民間企業で働いて厚生年金を受給した場合と比較して、公務員の共済年金は、一か月あたり5万円以上高いと言われています。

厚生年金が毎月16万5000円に対して、共済年金は22万5000円くらいになるそうです。
年間で60万円以上も差が出てしまいます。

SEが公務員に転職するデメリット

仕事がつらい

では次に、転職するデメリットを解説しましょう。
こんなに素晴らしい公務員でも、当然、デメリットがあります。

SEが公務員に転職するデメリット

  1. SEとしてのスキル低下
  2. SE以外の部署に異動
  3. 給料見直しの影響がある

1. SEとしてのスキル低下

一番のネックは、スキル低下です。

あなたはシステムエンジニアとして一生懸命働いていると思いますが、その仕事を通じて培った経験とスキルは素晴らしいものです。

その経験とスキルがあれば、どの職場でもSEとしてやっていくことができるでしょう。

しかし、公務員に転職することで、SEとしての経験を伸ばせなくなってしまいます。

公務員にも、社内SEのような部署や担当が存在し、中途で採用される場合、そういった部署に配属されます。

実際の業務内容はというと、社内SEに毛が生えたレベルの業務となります。
専門知識とはかけ離れたサポートセンターがやるような内容であったり、ベンダーSEに業務を発注する側の立場になります。

その為、技術力でみても、仕様検討力でみても成長することは難しくなってきます。

2. SE以外の部署に異動

次に挙げられるのが、部署の異動という問題です。
公務員の宿命といえるものです。。。

公務員は1年置きに異動という脅威に晒されるわけですが、その時に、SEとは全く無縁の部署に異動させられる可能性があります。

公務員になる時点で、SEとしてのキャリアを捨てることを覚悟しているかと思いますが、ここは安定した生活とのトレードオフとなってしまいます。

公務員になるからには、「その地域を支えたい」「人々の生活を支えたい」ということに情熱を燃やし、その道を究めることがベストとなるでしょう。

3. 給料見直しの影響がある

今の世の中は、公務員に厳しい時代です。

不景気で給料やボーナスが減ると、目の敵のように公務員の給料が叩かれますし、それぞれの時代に合わせて給料が調整され続けます。

SEであれば、キャリアップしていくことで、給料を大幅に増やして行くことができますが、公務員だと決められた額面でしか増えていかない現実があります。

ただでさえ増やしづらい状況で、さらに不景気の影響で給料が見直しにあってしまうという2重苦の状態です。

公務員に転職する方法

メリットとデメリットはおいといて、そもそも公務員に転職するにはどうすればいいかというと、SE経験者の場合は民間経験者採用でのエントリーになるでしょう。

民間経験者採用とは、次の通りです。

対象者

民間企業で働いてきた人を対象にした試験となっており、自治体によって違うものの、所定期間以上の経験がある人を対象にしています。

試験内容

1次試験:教養択一・論文(課題式で職務経歴、経験などの論文)
2次試験:個別面接や集団討論など

実際の試験は、倍率も高く、対策が難しい論文もあって、かなり厳しいところです。

まとめ

転職するメリット

というわけで、SEから公務員に転職することについて解説しました。

一度、公務員になってしまうと民間企業への転職は厳しいとも言われています。

公務員というと、「何も変えないのが一番」という思想が第一にあり、民間企業と全く違う考え方で成り立っています。

定期的に異動があるため、「事なかれ主義」とも言いますが自分の任期の間は無難に仕事をこなし、バトンタッチしていくという繰り返しです。

その仕事の進め方に慣れてしまうと、民間企業で働くことが難しくなってきてしまい、民間企業側でも採用に躊躇する事態に陥ります。

私も転職を経験し、SEを脱出したことがありますが、やはり、SEとしてキャリアアップしていくことが正解でした。。。なんで、脱SEしてしまったのか。。。

公務員に憧れてしまう気持ちもわかりますが、メリットとデメリットを比較すると、やはりSEとしての経験とスキルを活かしていくほうが、将来的に幸せになれます。

「あなたはなぜ転職を考えていますか?何かつらいことはありますか?」

もし、SEとしてやっていく自信がないというのであれば、自分にあったSEを探せばいいんです。

探すにあたって、色々なSEを経験した私の体験談を参考にしてください。

特に次の2つのSEは、私が自信をもっておすすめするSEの記事です。

ぜひ、こちらの記事も参考にして、自分にあったSEを見つけましょう!

SE転職相談員だいご

それでは、楽しいSEライフを!

ブラックに押しつぶされそうだったSE生活

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です