キャリア

プログラマー(PG)からSEに転職して年収100万アップ!

プログラマー年収100万アップ
だいご
だいご
こんにちは、SE転職相談員のだいごです。 (^^)/

IT業界でお仕事をされている特赦のみなさんは、SEとして仕事をされているんでしょうか?
それとも、プログラマー(PG)として仕事をされているんでしょうか?

IT業界としてよくあるのが、「SEとして採用されたのに、実際に現場に行ってみるとプログラマーだった。。。」というお話です。

SEとプログラマーでは、作業と責任範囲が分かれており、将来を見すえた自分のキャリアを考えても不利な場合があります。

残念なことに給料も違います。。。

本記事では、プログラマーとSEについて、色々な面での違いを見ていきたいと思います。

そして、みなさんにとって、どんな働き方がベストなのか、どうしていくべきかを、説明していきます。

プログラマー(PG)からSEに転職して年収100万アップ!

結論から言うと、プログラマーからSEに転職すると、年収が100万円以上アップします。

おぉ~、これはすごい。
100万円となると、毎月8万円くらい多く給料をもらうイメージです。

こんなにおいしい話はありません。

お金だけではなく、就職先の幅も広がります。

プログラマーからSEに転職しない理由がみつかりません。

プログラマーとして働きつつ、すぐにでも、転職サービスに登録して、SEとしてのキャリアを詰めるようにするべきでしょう。

その理由を見ていきましょう。

プログラマーとSEの職種の違い

まずは、プログラマーとSEの職種の違いを見ていきましょう。

ソフトウェアを開発する際、ウォーターフォールモデルと呼ばれる開発方式を採用する場合が多いんですが、この方式ですと要件定義から始まり、外部設計→内部設計→実装というように運用テストまで時系列で各工程進んでいきます。

  1. 要件定義
  2. 外部設計
  3. 内部設計
  4. 実装(コーディング)
  5. 単体テスト
  6. 結合テスト
  7. 総合テスト
  8. 運用テスト

SEは①~⑧のすべての工程を担当するのに足しして、プログラマーの担当範囲は、実装と単体テストだけです。

特に①については、ソフトウェアを使用するユーザーからの要望をソフトウェアの機能に落とし込む必要があり、非常に大切な工程になっています。

この工程でお客さまのやりたいことを、聞き出し、ソフトウェアでどう実現できるかを判断し、できるものとできないものを調整することになります。

①要件定義から始まり、少しずつブレイクダウンした設計書を作成していき、③の内部設計で作成した設計図をもとに、④実装を行います。

プログラマーは④から担当するので、特にお客様の要望などを聞く必要はありません。③で固まった処理をソースコード化するイメージになります。

プログラマーとSEの給料

プログラマーとSEでは、作業分担の範囲が違います。
作業分担が違うということは、責任の範囲も変わってきます。

多くの場合、SEはプログラマーに仕事をお願いする(管理する)ことがある為、チームリーダーであったり、プロジェクトマネージャーであったり、ストレスの多い仕事であることが多々あります。

では、作業分担と責任分担が、明らかに違うプログラマーとSEでは給料に違いはあるんでしょうか。

生きていくうえで、キャリアアップとかスキルアップとかも大事ですが、やはり一番大事なのは給料です(^^;

次のグラフをご覧ください。

SEとプログラマーの年収推移

政府統計の総合窓口(e-Stat)の賃金構造基本統計調査からのデータです。
「きまって支給する現金給与額 × 12ヵ月 + 年間ボーナス支給額 = 年収 」
で、算出しています。

最新の2018年のデータでみると、SEが551.2万円でプログラマーが418.3万円です。

SEの方が132.9万円も上です。毎月10万円以上のおこづかいが上乗せされているイメージです。

プログラマーと比較すると、1.3倍の給料をSEは受け取っています。
これは、かなり大きいです。

まとめ

いかかでしたでしょうか。

プログラマーとSEの職種の違いと責任分担の違いは理解できたでしょうか?

同じIT関連の職種ですが、大きく違います。IT業界で言われているITゼネコンを頂点としたピラミッドでは、SEが上位層に位置します。

PGとして技術を磨いて、スーパーPGとしてフリーランスとして稼ぐ道もありますが、相当に頭がいいとかでなければ、SE以上に稼ぐことは難しいと思います。

SEとして転職することで、お客様からの要望を分析する能力と、折衝能力をつけ、スキルアップしていく方が、収入も増えますし、将来性も良いと考えます。

自分のキャリアを考える際の、参考にして頂ければと思います。

SEとして悩んでいるあなたへ
SE転職相談員だいご
あなたは今の会社に満足していますか?不満はありませんか?
悩めるBさん
もっと職場で認められたいし、もっと収入が欲しいし、もっとスキルを磨きたい!

 

現状に満足せず、より向上したいと考えることは大切なことですよね。

あなたの希望をかなえる最初の一歩として、転職情報を集めましょう。
効率よく転職情報を集めるには、転職エージェントを使うことが必須です。

転職エージェントは、あなたの現在の市場価値を分析したうえで、あなたのスキルとキャリアに合う転職情報を提供してくれます。
しかも、無料でやってくれますので、使わない手はありません。

また、優良な転職情報は、求人を出した瞬間にすぐに決まってしまいます。
常にアンテナを張っておくことで、良い求人が出てくるのを待っている必要があります。

以下は、私自身が、いつも利用している転職エージェントです。
登録する際は、2か所以上に登録することで、世の中にあるSE求人を網羅できます。

 

マイナビエージェント×IT

大手マイナビのITに特化したエージェントです。
20代、30代向けの求人に強く、求人数は1万件以上あります。大手にもかかわらずエージェントの質も完璧で、話が通じやすいところが素晴らしいです。

公式サイト

マイナビの評判

 

レバテックキャリア

IT業界に強い転職エージェントといえばレバテックキャリアです。
特化型であるため、エージェントの技術に対する知識も高く、自分の要望を良く理解してくれますし、大手エージェントでも持っていないような求人を持っています。
各社からの情報収集も時間をかけて行っているので、コネクションをしっかり作っていることを求人の内容から感じます。
また、転職成功させるためのアドバイスとサポートを多岐にわたってもらえました。

公式サイト

レバテックキャリアの評判

 

ワークポート

こちらもIT業界に強い特化型の転職エージェントです。
有名な転職サイトであるリクナビNEXT、DODAをエージェントサービスと提携しており、提携企業としてもかなり優秀な成績です。
16年以上の転職エージェントとしての実績を持っていて、安心してサポートを依頼できるエージェントです。

公式サイト

ワークポートの評判

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です