キャリア

SEやるならどっち?実際働いてわかった大手と中小それぞれに合う人とは?

SEやるならどっち?実際働いてわかった大手と中小それぞれに合う人とは?
SE転職相談員
だいご

こんにちは!SE歴15年以上、SE転職相談員のだいご(⇒プロフィールはこちら)です。

転職を考えているAさん

大手SIerに転職したんですが、職場の人と合わなくて、仕事してても楽しくないんです…。

SE転職相談員
だいご

それはつらいですねぇ…。
嫌われるのを気にせず、自己中心的に仕事してみるのもありかもしれませんよ。

大手で精神的にやられてしまう人って多いですよね。

私も大手で10年以上働いてきましたが、鬱になってしまったり、体を壊して、退職していく人を何度も見てきました。

多くの場合、職場の人間関係や、上司のパワハラなどが原因でしたねぇ…。

会社が大きいと色んな人がいて、ストレスが溜まることだらけです。

私も、先輩や上司のパワハラで悩んだ時がありましたが、よく耐えたなと思います。

「たしかに私のミスだけど、そんなに怒鳴らなくてもいいのに…。」
「やっぱり、俺って仕事できないかも…。」

何てことをたびたび考えていました。

10年以上にわたって、大手で働いて思ったことは、優しい人には厳しい環境だということです。

これが一番痛感したことで、ブログを読んでいるあなたにも一番覚えておいて欲しいことです。

本記事では、実際に大手や中小のIT企業でエンジニアとして働いてわかった「合う人」について、解説していきます。

あなたの性格は、どうでしょうか?

大手に合うのか、中小に合いそうか、ぜひ参考にしてください。

大手と中小どちらでSEをすべきか?

大手と中小どちらでSEをすべきか?
というと、何を優先するかによって、変わってきます。

多くの場合、給料などの福利厚生が良いのは大手ですが、スキルアップを考えると中小の方が有利となります。

大手も中小もそれぞれ、良いところ、悪いところがありますので、しっかり考慮して決める必要があります。

なお、SEとして働く場合の大手と中小の違いや特徴について、次の記事にまとめています。
実際に両方で働いたこそわかるポイントもあるので、参考にしてください。

さらに、もうひとつ検討する際に、考慮してほしいのは、「あなたの性格」です。

あなたの性格次第で、大手でやっていけるか、中小を選択するべきかが変わってくるのです。

ここを間違うと、メンタルをやられてしまうようなことになります…。

だいご「性格なんて影響するのか?って思いますけど、意外と大事です。」

では、具体的にどんな人が合うのか、それぞれについて挙げていきましょう。

大手が合う人

まず最初に、大手が合う人は次のような性格の人でしょう。

大手が合う人
  1. 嫌われるのが気にならない人
  2. ストレスに強い人
  3. 安定を第一にしたい人

なお、私が、大手で働いていた頃のリアルな仕事の内容は、次の記事にまとめていますので、参考にしてください。

10年以上の実体験から、SIerで働くメリット、デメリット、成功する方法をまとめています。これさえ読めば、SIerについて完全に理解できます。

①嫌われるのが気にならない人

大手で仕事をしていくには、誰かに嫌われることも覚悟して仕事をしなければなりません。

例えば次のようなことを、躊躇なくできるかがポイントになってきます。

  • だれがやるのか不明確な仕事を断る
  • 担当範囲のせめぎ合い
  • 相手の適当な仕事に対して厳しく指摘する
  • 相手からの仕事の依頼を断る
  • 自分に責任が来ないように相手のミスをしっかり指摘する
  • 相手との仕事をなぁなぁに進めない

これらのことを、同僚、先輩、上司、部下に対して徹底してやる必要があります。

意外と、ストレスを感じますし大変なことです。

相手に嫌われるんじゃないか?って心配になりますが、やらないと大手ではやられます。

心を鬼にして「やられる前にやる」必要があるんです。

その都度、ストレスを感じているようでは、大手で仕事を続けていくことはできません。

SE転職相談員
だいご

自己中心な人の方が評価されて成功しますよ~

②ストレスに強い人

次に挙げたいのは、ストレスに強い人だということです。

いくら順調に仕事をしていても、プレッシャーのかかる大きな仕事は避けられません。

大手であるほど、担当するプロジェクトの規模が大きくなり、失敗した時の影響が非常に大きなものになります。

それらの大きなプレッシャーに耐えられるだけのメンタルの強さが求められます。

上司に怒られて、へこんでるようでは、厳しいでしょう。

私の場合、怒られるとへこみます。盛大にへこみます。

子供の頃にあまり怒られる機会がなかったからなんでしょうか。

怒られてもケロッとしている人がいますが、ほんとうらやましいです。

もし、ストレスを感じても上手に付き合うことができて、発散する方法もしっかり体得している人が大手では成功します。

SE転職相談員
だいご

自分に自信があると違うのかもしれませんね。自信がないと自虐的になってしまって、どんどんストレスを抱えていく負のループに陥る感じがします。

③安定を第一にしたい人

自分が仕事に何を求めるか?っという質問に対して、「将来の安定」と答える人は合うでしょう。

給料がいいとか、つぶれることがない安定した会社であることなど、何よりも家族や自分の将来を優先的に考える人です。

SE転職相談員
だいご

これはこれで素晴らしい考えですし、家族を持った人は多少は考えるべきですね。

スキルアップのために、転職するとか配属を変えるなんてことはリスクだ!という人もいるでしょう。

そういった考え方ができる人は、ベストマッチです。

ただし、大手だとエクセル使って下請けを管理する仕事をしているパターンが多いので、そのままで大丈夫か不安は感じるべきです。

IT業界は新しい技術がどんどん出てきますので、しっかり抑えていかないと、将来、何もできない人になってしまいます。

そうならない為にも、現状に甘んじず、自分で社外勉強会に参加するとか、最新の情報を常に集めておかなければなりません。

中小が合う人

ここからは、中小が合う人を解説していきます。

中小は大企業と違って、人が少ない分、社内の人みんな知ってる人状態になります。

そのため、中小に合う人は大手とはまた違った人になります。

中小が合う人
  1. 優しい人
  2. 色々覚えたい人
  3. 大きいことをしたい人

なお、中小で実際に働いた経験は、次の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

それぞれのメリット、デメリット、成功する方法をまとめています。

①優しい人

まず、最初に中小に合う人としてあげたいのは、優しい人です。

優しい人というと漠然としていますが、具体的には、下記のイメージです。

  • 自己中心的ではない
  • 人に気を使う
  • ノーと言えない

優しさが行き過ぎてしまい、気を使い過ぎて失敗してしまうような人です。

なんだそりゃ!?という感じですが、中小で成功するには大切な要素なんです。

なぜかというと、中小は人が少ない分、一人一人が協力して仕事を進めなければなりません。

そういった時に、周りに気を使い過ぎるぐらいがちょうどいいんです。

大手であれば、自己中心の方が評価されますが、中小は逆です。

また、お客様と交渉するような場面でも、「無理なものは無理という」完全に強気の対応よりも、「ノー」と言えないくらいくらいがちょうどいいんです。

うちも厳しい。お互い大変ですねぇ…。くらいのスタンスがぴったり合います。

圧倒的シェアで市場を独占している大手のような強気の戦い方よりも、一歩引いた戦い方が成果として現れます。

ただ、ひとつ注意すべきなのは、優しさだけでなく、厳しさも使い分ける必要があることです。

優しさだけでは、組織は発展しませんし、衰退するだけです。

ベースとして優しさを持ちつつ、どんどん改革していく姿勢が大切です。

②色々覚えたい人

次にあげたいのは、色々なことにチャレンジして、色々勉強したい人です。

中小は大手と違い、一人で幅広いタスクを担当しなければなりません。

その分、幅広い知識が要求され、常に勉強していかなければなりません。

そうした点で、やはり「色々覚えたい人」「意欲を持ち続けられる人」はベストマッチです。

中小であれば、意欲さえあれば学ぶ機会がたくさんあります。

他の人の担当部分まで、手を出してカバーしていくことも全然ありです。

大手であれば、「何を余計なことやってるんだ」ってなってしまい、評価どころか、「できないやつ」という扱いになってしまいます。

残念なことですが、これが現実なんです。

中小であれば、遠慮する必要はありません。

欲望の赴くままに、どんどん知識を吸収していきましょう。

「あいつ、なんかがんばってんなぁ!」くらいのイメージが付くと、どんどん評価されていきます。

③大きいことをしたい人

中小は、あなたのアイデア次第で可能性が無限大に広がります。

大手と比較すると、自分のアイデアを活かしやすい、フットワークの軽さが、中小の良いところです。

なんでも、まずはチャレンジして、トライ&エラーで最終的には大きな成功をつかみ取る。

その会社ですでに、商品として販売しているシステムがあるのなら、あなたがそのシステムを発展させていくキーマンになります。

何度も言っていますが、IT業界は新しい技術が日々出てきます。

そのなかで、自社製品のシステムに活かせるものはないか、情報を集め、勉強して取りこんでいくことができます。

中小であれば、実際にシステムを使っているエンドユーザーと直接話をする機会が多いので、こういったアイデアも浮かびやすいものです。

お客様の現場では、どんな困っていることがあるのか、改善したいことは何なのか、というニーズにアンテナを張って情報を集めておくことで、素晴らしいアイデアが生まれます。

まとめ ~大手と中小に合う人~

キャリアアップ成功

というわけで、大手と中小、それぞれに合う人を解説しました。

実際に15年以上にわたって、SEとして大手と中小で働いてみて、合う人、合わない人の違いが良くわかりました。

どちらの会社でもうまくやっていけるのが一番良いですが、人それぞれ違いがありますし、合う合わないは絶対にあります。

私の場合、大手よりも中小の方が合ってました。

あんなにストレスを抱えて仕事をしていたのが、アホらしくなるくらいです。

職場の人間関係で悩んでいましたが、転職してみると、解消され、仕事も楽しいことだらけです。

お客様から直接感謝され、スキル的にもC言語しか知らなかった自分が、Web系の開発もしたりと充実しています。

私と同じように、あなたにも、SEとして楽しく仕事をしてもらいたいです。

あなたは大手と中小どちらに合いそうか、見えてきましたか?

転職について、ご相談もお待ちしてますので、ぜひ下記の記事も参考にして、楽しいキャリアを見つけましょう。

SE転職相談員
だいご

それでは、楽しいSEライフを!

ブラックに押しつぶされそうだったSE生活

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です