キャリア

その会社大丈夫?!SE歴15年が語るおすすめのSE転職情報

その業界大丈夫?!SE歴15年が語るおすすめのSE転職情報

だいご
だいご
こんにちは、SE転職相談員のだいごです。 (^^)/

今回は、転職を考えているあなたにSEライフを楽しんでもらうための、おすすめ情報を紹介していきます。

最初に読者のあなたに質問です。
「SEライフを楽しんでいますか?」
「 仕事は楽しいですか? 」
「 将来への不安はありませんか? 」
「 十分な給料はもらっていますか? 」

一つでも「いいえ」があるようでしたら、少しでも改善するようにアクションを起こしましょう。
そのまま、働いてウツになったり、40代、50代になったときに、転職したいと思っても手遅れになる可能性があります。
行動を起こして早い過ぎるということはありません。
とりあえず情報収集ということは、みんなやっていることです。

逆に、全部「はい」だったという超幸せなあたな。それは素晴らしい職場です!何もいうことはありません。
ぜひ、引き続きSEライフを楽しんでいきましょう!
ただし、順風満帆かもしれませんが、変化しないことは一番のリスクです。平行して情報収集を進めましょう。

この記事を参考にして、よりよいSEライフにシフトできるようにアンテナを貼っていきましょう!

おすすめSE転職先

私は15年以上、システムエンジニアとして働いてきました。
長いキャリアでの経験を踏まえて、転職を考えているあなたにオススメしたい転職先はこれです。

  • IT以外の会社のシステム部門(社内SE)
  • 独立系IT企業

おすすめする理由は、次の通りです。

  1. 将来的な不安がない
  2. 会社を成長させられる
  3. 上流工程から携われる
  4. 色々な業界の知識を学べる
  5. IT業界のトップに立てる
  6. 社内で働ける

1.将来的な不安がない

特にSIerで働いている人に言えるんですが、今のまま10年後も20年後も働いていけるでしょうか?
発注元のお客様は新人が入社して若返りが進んでいくので、使いづらい年上よりも、若い人を選ぶ可能性が高くなります。
また、転職を考えている人の最も多い理由が、職場の人間関係といわれており、同僚同士の人間関係があまり良くないのであれば、仕事を続けてストレスを溜めることになります。

2.会社を成長させられる

せっかく仕事をするなら、仕事を通して自分も成長させたいですよね?
そして、自分の成長によって、会社も成長させたくありませんか?
社内SEや独立系IT企業であれば、自分の成長が直接、会社の成長につながります。
自分で学んだ新しい技術を自社システムに活かすことで、自社システムを改善させることができ、その改善が会社のビジネスに良い影響を与えます。
SIerでは指定された技術を使ってシステムを作るだけですので、最新のIT技術を「自社システムの開発にそのまま生かせる」というのは、できないことです。

3.上流工程から携われる

SIerですと、要件定義(BI)から携わる立場になることはあまりありません。
あっても基本設計(BD)から携わることになる為、直接、エンドユーザーからシステムへの要望を聞くことはありません。
エンドユーザーがシステムを求めることを聞いて、その要望を自分でシステムに反映し、提供することで、喜んでもらえるという一連の流れに携われないのです。
また、エンドユーザーはシステムへの要望をもってはいますが、実際にどのようにシステムに反映すべきかは漠然としていることが多いんですが、そこを提案して、具体的なプランに落とし込む作業は、非常にやりがいがあります。

4.色々な業界の知識を学べる

特に社内SEの場合ですが、ITとは直接関係しない業種(電気、ガス、水道、小売、保険など)の会社の中にあるシステム部門などで働くわけです。その為、IT企業で働いていては学べない、各業種の知識をつけることができます。
各業種の知識をつけることで、コンサルティングを行う知識とスキルがつきますので、より高収入な仕事につくことができます。
また、その業種の専門知識があると、転職する時にも有効です。

5.IT業界のトップに立てる

SIerでは、エンドユーザーであるお客様と直接やり取りできるのは一部の会社だけです。
IT業界のゼネコンとピラミッドのように、上位層の会社で受注した仕事を2次請け3次請けに流すようになっています。
私は働いていたSIerは2次請けまたは3次請けの仕事が中心でしたので、上位のメーカーやSIerから仕事を受注することが多く、使われる側でした。
しかし、転職することで社内SEや自社開発SEとして、自分たちで開発もやりますが、SIerに仕事を発注する側になりました。
発注する側になることで、ベンダーコントロールのスキルもつきます。

6.社内で働ける

SIerは客先常駐が基本です。ソフトウェア開発の請負契約ではなく、SES契約によってお客様(発注元)の事務所で仕事をするのです。
常にお客様に監視されていますし、プロジェクトが変わると、勤務場所も変わります。
年中落ち着きませんし、有休や、フレックスも自由に使えません。
やはり、毎日、自社に出勤して、自分の机で仕事をするのが一番です。

おすすめSE転職エージェント

では、おすすめの転職先(システム部門、独立系)に転職するにはどうすればいいか?
というと、転職エージェントを使うのが一番です。

転職エージェントを使うことは、次のメリットがあります。

  • 時間を節約できる
  • 自分が知らない会社の求人をみることができる
  • より良い条件で転職できる

詳細は次の記事で紹介していますので見てみてください。

おすすめSEキャリア

15年以上、SEとして働いてきた私のおすすめのキャリアプランを紹介したいと思います。
あなたが学生である場合と、すでにSEとして働いている場合の2パターンです。

パターン1:学生の場合

もし、あたなが学生であれば、次のキャリアをおすすめします。

学生 → 大手SIer(メーカー、キャリア含む) → 社内SEまたは独立系IT企業

卒業後に大手SIerへの転職をおすすめする理由は、次のスキルをつけられるからです。

  • 組織として働くビジネススキルをつけられるからです。
  • システム開発の技法(各工程の進め方、管理方法)

卒業後に社内SEや独立系の会社に直接、入ってしまうと、こういったスキルを学ぶ機会を失います。
開発はチームでやることが基本ですが、組織として働くスキルがないと、情報共有ができなかったり、ホウレンソウなどの基本的なビジネススキルが低いままになります。
まずは大手SIerで仕事をすることで、開発するスキル、組織で働くスキルをしっかりつけましょう。
このスキルをつけた後であれば、どの業界、どの業種でもSEとしてやっていけます。
フリーランスとして独立する上でも有効なスキルとなります。

パターン2:SEとして働いている場合

もし、あなたがすでにSEとして働いている場合は、次のキャリアをおすすめします。

現役SE → スクールでWeb系の勉強 → Web系SE → 本職+Web系副業 → フリーランス

これからの時代、本業だけでは稼げません。
40代、50代と給料を上げていくには、本業とは別に副業収入が必要です。
副業が推奨されている時代ですので、副業として仕事がたくさんある業界にシフトすべきだと考えます。
その点、Web系であれば副業として最適な案件がたくさんあります。
本業でのスキルと経験を活かしつつ、副業でも稼げるという点でWeb系の仕事が一番おすすめです。

Web系の会社ですでに働いているあなたは、そのままキャリアを積んで、副業での収入を広げていきましょう。
Web系以外のあなたは、スクールや自主学習でWeb系のスキルをつけて、Web系の仕事に転職しましょう。

さっそく、スクールで勉強したい!というあなたは、次の記事も参考にしてください。

まとめ

SE歴15年以上の経験からおすすめのSE転職について解説しました。

  • おすすめ転職先
  • おすすめ転職エージェント
  • おすすめキャリア

私自身、今まで、Web系の仕事とは無縁のC言語バリバリの仕事をしてきました。
そこから2回転職して、社内SE、自社開発系SEとして働いてみて、Web寄りの仕事が増えてきました。

Web寄りの仕事が増えてきたことにより、新しいスキルを勉強したり、情報を集めていると、Web系の将来性に非常に魅力を感じます。
客先常駐もありませんし、長期出張、パワハラ上司もいない業界です。
フリーランスとしてがっつり稼いでいる人もおり、経験さえ積めば誰でも稼げるようになります。

みなさんには、少しでも早くWeb系の会社へシフトして頂いて、スキルをつけ、副業で稼ぎ、フリーランスとしての独立を視野に入れてキャリアアップしていってほしいです。

それでは、たのしいSEライフを!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です