キャリア

これだけ注意!COBOL経験者がSE転職を成功させるポイント

COBOL経験者の転職成功のポイント

だいご
だいご
こんにちは、SE転職相談員のだいごです。 (^^)/

今回は、COBOLを使用するSEの転職について解説していきたいと思います。

COBOLというと、「古い」とか「希少な存在」というイメージがあるでしょうか。

私自身、今までやってきたプロジェクトで関わったことがない言語である為、この記事を書くまでは、謎に包まれた言語でした。

しかし、実際は、現役バリバリでCOBOLを実際に使用しているSEの方もたくさんいることがわかってきました。すいません。。。

COBOLというと昔からある安定した業界ですが、そんな安定した職場でも転職を考えるような状況があることと思います。

特にこの言語を使用するプロジェクトは、汎用システムを使用する大企業が多く、大企業ほど、仕事を続けていくうえで、ストレスも多くなるものです。

定年まで、そんなストレスを我慢して仕事を続けていくよりも、自分の経験を生かして転職するというのも一つの選択です。

本記事がCOBOLマスターのSEの方々に、参考になれば幸いです。

COBOL開発の現在

COBOLというと、国家試験である基本情報技術者試験の選択言語からもはずれたりと、時代の影響を受けている言語であったりします。

1959年にアメリカで事務処理用に開発言語として開発されてから、かれこれ60年以上の歴史を持つ、古い言語です。

40代である私のまわりをみても、COBOLを使用しているSEはいないんですが、50代くらいになると使ってたという声を聞きます。

どのくらいのプロジェクトで使われているのかIPA(情報処理推進機構)のデータを調べたところ、下記のデータがありました。

開発プロジェクトで使用している開発言語の内訳
ソフトウェア開発データ白書 2018-2019より

なんと、使用されている開発言語で一番多いのがJavaで、次にCOBOLが続くという調査結果になっています。全体に占める割合も、13.3%とかなり高いことがわかります。

COBOL開発者のみなさん、「古い」なんて言って本当にすいません(^^;
こんなにも使用されているプロジェクトが多いとは思ってもみませんでした。

SE転職の現実

予想外でしたが、IPAの調査結果より、COBOLの開発はたくさんあることがわかりました。
では、実際の求人としては、どんな状況なんでしょうか。
COBOLの使用経験を必要とされる求人がどのくらいあるのか調査してみました。

では、実際に転職サイトのリクナビNEXTで調べた結果を見ていきましょう。
求人情報をCOBOLで検索すると、下記の結果でした。

  • COBOL:133件
  • JAVA:1500件

JAVA言語を使用したプロジェクトが1500件あるのに対して、COBOLは133件とかなり少ない結果でした。
案件の数が2番目に多い開発言語とは思えない求人数です。

しかも、133件をざっと見てみると、派遣会社や2次請け、3次請けのSIerが多く、客先常駐になりそうな会社が多い印象です。
客先常駐や、ITピラミッドの下層は避ける必要があります。

よりよい職場を探すポイント

では、今よりも良い職場環境を探して、そこに転職していくにはどうすべきでしょうか。

COBOLは汎用系システムの開発で使用されることが多々あり、汎用系システムを使用している会社を探すことが一番の近道です。例えば、金融系や保険会社が該当します。

それ以外の会社だと派遣会社かSIerが多いため、派遣かSES契約で客先常駐で働くことが多くなります。

プロジェクト案件の2次請け、3次請けとして仕事をする会社が多いので、転職先を選ぶ時は1次請けをなるべく選ぶようにしましょう。

転職サイトで求人を探す際は、「システム開発の汎用機系」または、「社内SE」、「情報システム」を選ぶことで、1次請けの会社に絞りやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

COBOL経験のあるSEの転職について解説してきました。

COBOL経験者も転職サイトやエージェントをうまく使えば、よりより職場への転職は可能です。

今の仕事を続けながら、経験を活かせる会社のリサーチをしておくことで、自分の業界での価値、必要とされる人材などを学ぶことができます。

さらに、どんな会社があるのか、どんな待遇で他のSEが仕事をしているのか、業界としての水準を把握することで、いざ転職となったときにも慌てずに、スムーズに転職できます。

今回の記事で紹介したポイントを意識してもらうことで、転職時の失敗もさけることができますので、ぜひ、頭の片隅に置いておいてください。

素晴らしいSE生活を楽しんでいきましょう!

SEとして悩んでいるあなたへ
SE転職相談員だいご
あなたは今の会社に満足していますか?不満はありませんか?
悩めるBさん
もっと職場で認められたいし、もっと収入が欲しいし、もっとスキルを磨きたい!

現状に満足せず、より向上したいと考えることは大切なことですよね。

あなたの希望を叶える最初の一歩として、転職情報を集めましょう。
効率よく転職情報を集めるには、転職エージェントを使うことが必須です。

転職エージェントは、あなたの現在の市場価値を分析したうえで、あなたのスキルとキャリアに合う転職情報を提供してくれます。
しかも、無料でやってくれますので、使わない手はありません。

また、優良な転職情報は、求人を出した瞬間にすぐに決まってしまいます。
常にアンテナを張っておくことで、良い求人が出てくるのを待っている必要があります。

以下は、私自身が、いつも利用している転職エージェントです。
登録する際は、2か所以上に登録することで、世の中にあるSE求人を網羅できます。

 

マイナビエージェント×IT

大手マイナビのITに特化したエージェントです。
20代、30代向けの求人に強く、求人数は1万件以上あります。大手にもかかわらずエージェントの質も完璧で、話が通じやすいところが素晴らしいです。

公式サイトを見てみる ➡

リアルな感想を見てみる ➡

 

レバテックキャリア

IT業界に強い転職エージェントといえばレバテックキャリアです。
特化型であるため、エージェントの技術に対する知識も高く、自分の要望を良く理解してくれますし、大手エージェントでも持っていないような求人を持っています。
各社からの情報収集も時間をかけて行っているので、コネクションをしっかり作っていることを求人の内容から感じます。
また、転職成功させるためのアドバイスとサポートを多岐にわたってもらえました。

公式サイトを見てみる ➡

リアルな感想を見てみる ➡

 

ワークポート

こちらもIT業界に強い特化型の転職エージェントです。
有名な転職サイトであるリクナビNEXT、DODAをエージェントサービスと提携しており、提携企業としてもかなり優秀な成績です。
16年以上の転職エージェントとしての実績を持っていて、安心してサポートを依頼できるエージェントです。

公式サイトを見てみる ➡

リアルな感想を見てみる ➡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。