キャリア

SEがIT業界に疲れて嫌になった時に試してほしい4つのこと【目指すはチョイワルSE】

SEがIT業界に疲れて嫌になった時に試してほしい4つのこと【目指すはチョイワルSE】
SE転職相談員
だいご

こんにちは!SE歴15年以上、SE転職相談員のだいごです。(⇒プロフィールはこちら)

「IT業界でSEをやっていくのが疲れて嫌になってきました。どうすればいいでしょうか?」

SEとして仕事をしていると、こんな悩みを持っている人が多いものです。

私も、最初の10年くらいは同じような悩みを持っていて、悩み続けていました。

悩んでいるけど、気軽に相談できる人もおらず、自分の中で抱え込んで耐え続ける日々でした。

SE転職相談員
だいご

先輩も同期もすべて、敵のような状態で、まったく楽しくない…。
そんな状態でした…。

こういった状態が続くと、ストレスが蓄積され、それが原因で、うつになったり体を壊してしまう人もいます。

しかし、あなたの立ち振る舞いを変えるだけでも、状況は変えられます。

私も転職をしつつ、この方法を意識してきましたが、SEがだんだん楽しくなってきました。

というわけで、本記事では、実際に私がSEとして疲れていた原因と、何を意識することで、変わってきたのかを解説します。

SEは最高の仕事を思えるようになった今。

私と同じ気持ちをあなたにも感じてほしいという一心で、そのポイントをまとめました。

ぜひ、参考にしてSEという職業を楽しみましょう!

SEが疲れて嫌になる原因

SEって、コミュニケーションが大切な仕事だっていうのは、誰もが知っていることでしょう。

それゆえに、人との関わりの中で、SEに疲れてしまう時がたくさんあります。

私が実際に、感じていた疲れの原因は下記の通りです。

SE疲れの原因
  1. 人に気を遣う
  2. 人と比較する
  3. 上司に怒られる

①人に気を遣う

なんと言っても、これが一番の原因と言えるでしょう。

あなたは気を使い過ぎていませんか?

職場の同期、先輩、後輩、上司などなど気を使うべき相手がたくさんいると、そのストレスは何倍にも膨れ上がります。

特に「優しい素直な人」は要注意です。

先輩や上司の言うことは、絶対服従であり、反論できないような関係で働いている人。

先輩に意見するなんて、めっそうもないなんて人は必ず病みます。

SE転職相談員
だいご

優しい人ほど、損をする世の中です。なんて世知辛い…。

大企業ほど、優しい人は損をするようになっています。

実際の体験を元に「優しい人」が被害を受ける現実を次の記事にまとめました。

②人と比較する

人と比較してしまうことで疲弊する人が多いのも事実です。

あの人ができて自分ができてない…。
自分ってなんでこんなに仕事ができないんだ…。

って悩み続けている人が多いんです。私もそうでした。

これは、自分に自信がない人によくある状況です。

自分に自信がないから、自分のできないところだけに目がいってしまいます。

自分の自己肯定感が下がり、精神的にも辛い状態になります。

SE転職相談員
だいご

人と比較しても何も始まりません。
自分のベストを尽くすだけです!

③上司に怒られる

上司と仕事の進め方や、考え方、性格が合わず、怒られることが多いのも疲れる原因です。

しかも、怒られ始めると「できないヤツ」というレッテルが貼られるので、ちょっとしたことでも、怒られるようになります。

レッテルというのも恐ろしいもので、一度、そのイメージがついてしまうと、払拭するのが困難です。

ずっと、そのイメージを持たれたまま対応されるので、その人がいなくならない限り、怒られやすい状況が続きます。

SE転職相談員
だいご

部署異動か、上司が飛ばされるしか解決策はないですね…。

SEに疲れた時に試してほしいこと

あなたが、SEに疲れ、精神的に追い詰められた時に試して欲しいことがあります。

私は、この方法でストレスから解放され、ようやく、SEを楽しめるようになってきました。

その方法が次の通りです。

SEに疲れた時に試してほしいこと
  1. ワルになる
  2. 自分を認める
  3. 休む
  4. 求人情報を見る

①ワルになる

あなたが「優しい素直な人」であれば、一番試してほしいことです。

私自身、「優しい素直な人」という部類に該当するみたいで、一緒に仕事する人によく言われます。

頼み事は断れず、相手にマウントを取られやすいタイプです。

こういう性格をしていると、攻撃してくる人が少なからずいて、いじられることが多々あります。

面白いからいいじゃん。という人もいるかもしれませんが、本人はイラっとしてます。

全ては、人がいいからこうなってしまうんですが、解決するのも難しい問題です。

そんなあなたは、ちょっと『ワル』になりましょう。悪と書いてワルです。

例えば、相手の独り言とかにいちいち反応せずに無視したり、世間話でも絡まずに無視するとかです。

意外と大事なのは、無言を有効に使うことです。

気を使って、相手をする必要はありません。

気を遣うと、その分だけ相手が調子に乗ってきます。

SE転職相談員
だいご

最初は難しいかもしれませんが、あなた自身を守るために、心を鬼にしてやり切りましょう。

あとは、相手との会話で、抑揚をつけずに淡々と話して、感情を表に出さないのも手です。

いい人ほど、話を盛り上げようとして一生懸命にリアクションを取ったりします。

それがダメなんです。気を遣う必要ありません。

そして、たまには、いじり返してやりましょう。

攻撃側に回ることで、舐められることもなくなります。

マウントを取られるくらいなら、取りにいきましょう。

SE転職相談員
だいご

マウントを取られるくらいなら、取りにいきましょう!

②自分を認める

自分はできる人だって認めることも、非常に大切です。

優しい素直な人ほど、自分に自信がない人が多く、自分で自分を追い込んでしまっています。

さらに、人と比べることで、相手の方ができるを感じてしまい、ますます自分を追い込んでしまいます。

自分を認めて守ってくれるのは、自分しかいません。

自分だけでも、自分のことを思いやり、大切にしてあげましょう。

SE転職相談員
だいご

自分を信じていれば、いつかは自分の状況が好転してくる時が必ずやってきます。

③休む

「つらい…。疲れた…。」と感じたら、休みましょう。

素直な人ほど、頑張り屋さんで努力家です。

「疲れた…。」何てことは口が裂けてもいいません。

それは、いいとこですが、悪いことでもあります。

あまり、自分を追い詰めると、体を壊したり、精神が崩壊してしまいます。

そうならないためにも、休むことを考えましょう。

④求人情報を見る

たまには、こんな息抜きもいいかもしれません。

求人情報を覗いてみることで、現実逃避したり、給料が上がるかもっていう夢を見るのもありです。

そこで、良い求人があれば、「自分には逃げ道がある。」って気付けます。

逃げ道があるって思えるだけで、リラックスして働けますし、リラックスすることで仕事のパフォーマンスも上がります。

もし、求人を見て良い案件があれば、転職してしまうのもありです。

まとめ ~SEが嫌になった時に試してほしいこと~

会議

というわけで、SEが疲れてしまったり、嫌になってしまう原因と、そうなった時にやって欲しいことを解説しました。

SE疲れの元となる原因は、人それぞれあると思いますが、あなたの状況と合っていたでしょうか。

IT業界は、色んな特殊な人で構成されているので、人間関係で悩んでしまう人も多い業界です。

SE転職相談員
だいご

私も長い間、悩んでましたねぇ…。ほんとつらくて将来が見えなかった…。

そんな悩んでいるあなたに、試してほしいことを4つ挙げました。

この4つの方法で、あなたのストレスが少しでも軽減されることを祈っています。

一番大切なのは、「ワルになること」です。

ワルになることで、相手に気を遣わせる存在になりましょう。

ストレスを感じる立場ではなく、感じさせてやるんです!

そうすることで、自分のやりたいように立ち振る舞うことができるようになりますよ!

今、あなたがやっているSEという職業は、最高の職業です。

異業種への転職で地獄を経験してしまったからこそ、強く言えることです。

ぜひ、あなたの働く環境を整えて、SEを楽しみましょう。

SE転職相談員
だいご

それでは、楽しいSEライフを!

ブラックに押しつぶされそうだったSE生活

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です