転職活動

失敗したらブラック地獄!ホワイト企業へのSE転職を成功させる方法

ホワイト企業へのSE転職
SE転職相談員
だいご

こんにちは、SE転職相談員のだいごです。

転職を考えているAさん

今、働いている会社がブラックみたいで本当に毎日つらいんですが、ホワイト企業に転職を成功させる方法はあるんでしょうか?

SE転職相談員
だいご

まず、大切なのは企業調査をしっかり行うことです。そのためには、転職サイトや転職エージェントをうまく使うことが大切です。

ブラック企業が世間的にも認知されてきましたが、あなたがお勤めの会社はどうでしょうか?

ブラック企業で働くなかで、異常な残業時間、パワハラなどで体を壊したり、ストレスから鬱になってしまう人もいます

鬱に一度なってしまうと、完全に治ることはありません。
一生付き合わなければならなくなってしまいます。
それによる本人の負担、家族への負担、同僚への負担はかなりのものです。
通院し続けることによる金銭的な負担もばかになりません。

体の異常が発生してからでは遅すぎます。
鬱になってしまう前に転職活動を開始してホワイト企業に転職しましょう。

本記事では、ホワイト企業へのSE転職を成功させる方法について、解説していきます。

SE転職におけるホワイト企業とは

SEが転職を考えた場合は、まずは企業研究をしっかり行うべきです。
転職サイトや転職エージェント、口コミサイトにて転職先として候補に挙がっている会社の情報を集めましょう。

では、ホワイト企業とブラック企業では求人情報において、どんな違いがあるんでしょうか。

私が考えるホワイト企業の基準は下記の通りです。
これらの項目がほとんど該当すれば、ホワイト企業と言えます。

逆に該当しない場合は、ブラック企業の可能性が高くなりますので、転職は注意しましょう。

求人情報でわかるホワイト企業の判断基準
  • 残業時間が月間20時間以下
  • 残業代が全額支給される
  • ボーナスが支給される
  • 給与水準が同じ職種の中でも同程度以上
  • 週休2日以上
  • 体調不良などで突発的な有休が取れる
  • 有給休暇が好きな時に取れる
  • 転勤がない
  • 連続して1週間以上の長期出張がない
  • 昼休みなどの休憩時間に休める
  • 客先常駐ではなく自社で仕事

以上が、私が考える「ホワイト企業であることを判断する基準」です。
就業時間、休暇、就業場所、給与などに関わることがほとんどであり、今の時代、どの会社でもほとんど網羅されているかと思います。

特に「残業代が全額支給される」という項目は、最低限のことであり、当たり前に守られていなければならない項目です
月20時間分の残業代を含んで計算された給与になっている会社や、この項目が守られていない会社は、スーパーブラックです。

また、一番最後に挙げた「客先常駐ではなく自社で仕事」については、私自身、客先常駐で仕事をしてきましたが、お勧めできません。
SIerで働いている場合、SES契約で客先常駐となることが多いのですが、お勧めできない理由は、次の記事で解説しています。

ホワイト企業に転職するメリット

みんなで楽しく

ホワイト企業と聞くだけで、特にメリットがなんなのか考える必要もないくらい、プラスしかないイメージですよね。

でも、合う人と合わない人がいます。

とにかく苦労するのが好きで、苦境に自分を追い込んで成長させるのが好きな人と、超人的な能力を持っている人は物足りなさを感じるかもしれません。

超人的な能力とは、例えば、「頭がずば抜けて良い、体力に人一倍自信がある、人に嫌われるのが気にならないという人」です。
特に最後の「人に嫌われるのが気にならない」という人は、どこにいってもうまくいきます。

優しい人ほど、生きづらいのが今の世です。
15年以上のSE生活で感じました。。。

おっと、脱線しましたね。。。

ホワイト企業であれば、ほとんどの人がやっていけます。
では、ホワイト企業に転職するメリットとしてはどんなことがあるんでしょうか。

ホワイト企業に転職するメリット
  1. 家庭が守れる
  2. 給料がいい
  3. 自分を成長させられる
  4. 転職に必要なスキルを付けられる
  5. ストレスが少ない
  6. プライベートの時間が確保できる

1. 家庭が守れる

家庭を守るには、時間が必要です。
ホワイト企業に転職すると、残業時間がなく、休日出勤がないので、家族との時間が守られます。
家庭円満を維持するには、家族との時間を確保し、良好なコミュニケーションをとることが何よりも大事です。家族との会話を楽しむ時間が必要です。

また、家庭を守るにはお金も必要です。
決して、お金持ちになれと言っているわけではありません。
家族の衣食住を守れるだけのお金が必要という意味です。
ホワイト企業であれば、経営状態もよく、社員に還元する体質が出来上がっていますので、給料も十分な金額になります。

2. 給料がいい

前項の「家庭を守れる」と密接に関わりますが、ブラック企業は社員から搾取して成り立っています。
搾取されているため、基本給も低く、残業代も満額支給されません。

ホワイト企業であれば、社員に還元して、社員の生活を守ることも会社の理念として持っているため、給料が保証されます。

3. 自分を成長させられる

ホワイト企業は、社員を第一に大切にしており、社員の成長する機会を応援してくれます。
有料の講習やセミナーへの参加も推奨されておりますし、当然、会社が受講料を持ってくれます。
通常の業務においても、やる気さえあれば、本人の希望を尊重し、部署替えなどに対応してくれます。
自分のアイデアや最新技術の取入れも積極的に行っており、自社製品の機能追加など、チャンスが多いのもホワイト企業の特徴です。

4. 転職に必要なスキルを付けられる

転職に必要なスキルとは「ビジネススキル」や「専門技術」になってきますが、ホワイト企業では、両方のスキルを高めることができます。

ホワイト企業の多くはSESや派遣契約での勤務ではありません。
自社のITサービス商品や、社内ITシステムの機能追加、メンテナンスが主な仕事になるため、実際にサービスを使うエンドユーザーとのやり取りが発生します。
このエンドユーザーとの直接のやりとりの中で、ビジネススキルや、SEとして必要なスキルも学ぶことができます。
SEとして生きていくためには、この要件定義をはじめとしたソフトウェア開発の上流工程から携わることが必要となってきます。

5. ストレスが少ない

ブラック企業によくいるパワハラ上司や先輩はおらず、古い体育会系のノリがありません。

体育会系のノリがない分、自分のプライベートが守られ、仕事とメリハリをつけて働くことができます。
一昔前は、家族ぐるみの付き合いとか、言っていった時代もありましたが、今の時代、必要とされていません。
人格的に良くできた上司や同僚がほとんどですので、ストレスを感じる部分はかなり少なくなります。

6. プライベートの時間が確保できる

前項とも若干かぶりますが、ホワイト企業は、有休休暇の取得が推奨されており、残業もほとんどありません。
そのため、プライベートの予定を定時後にいれることができるようになります。
定時後にジムに通ったり、副業をするために早く帰ることも可能です。
もし、システムリリースなどで残業をする場合は、後日、時間調整として残業時間分、早く帰ったりすることもできます。

ホワイト企業に転職するデメリット

転職するメリットはわかりましたが、デメリットはあるのでしょうか。
一般的な人であれば、デメリットはありません。
やはり、前項でも述べたように、物足りなさを感じる人は少なからずいます。

ホワイト企業の見分け方

しっかり判断

次に、SE転職において、誤ってブラック企業に入ってしまわないために、ホワイト企業の見分け方を解説します。

見分ける方法は、転職サイトやエージェントの「求人情報で見分ける方法」と、「口コミ情報で見分ける方法」の2つです。

求人情報で見分ける方法

まずは、求人情報の見分け方です。

その会社がブラックかホワイトかは、たいていの場合、求人情報を見ればわかります。ホワイト企業の求人は、具体的に次の特徴があります。

ホワイト企業求人の特徴
  • やる気を前面に押し出していない
  • 週末のバーベキューなど会社イベントがない
  • 求人に有休が明記されている
  • 会社として派遣業をやっていない

これらの条件に合う情報が載っている場合は、要注意です。
基本的に体育会系のニオイがしたら、それはブラックです。

また、派遣業をやっている場合は、客先常駐となる確率が大幅にあがりますので、派遣業の免許を会社として取得している場合は、要注意です。

口コミ情報で見分ける方法

次に口コミ情報から見分ける方法です。

口コミサイトは、有料のものがおすすめです。

口コミを書くと、無料で見ることでもできますので、会社の口コミを投稿してみるのもいいかもしれません。
会社の良い点、悪い点を整理して転職に活かすことができます。
サイトには赤裸々な情報も載っていますので、有料でも元は取れます。

詳細は、次の記事で説明しています。

ホワイト企業に転職する方法

ホワイト企業の見分け方はわかりました。

では、ホワイト企業に転職する方法はというと、転職エージェントを使うのが一番確実でお勧めです。

エージェントは転職先の会社のことも良く知っていて、ブラック企業かどうかを把握しています。
前述の求人情報の見方をもとに、紹介された会社をチェックしてみましょう。

おすすめの転職エージェントとエージェントを使うべき理由は、次の記事にまとめてあります。

まとめ

というわけで、ホワイト企業にSE転職する方法を解説してきました。

私自身、15年のSE経験と3回の転職経験の中で、何度かブラックを味わっているため、そんなつらい思いをあなたにして欲しくないと思っています。

ブラックで働いて、体を壊してしまってからでは、遅いのです。
ホワイト企業に転職するには、転職エージェントを使用し、口コミサイトで情報を集め、今回説明した、見分け方を駆使する必要があります。

ブラックという名前が騒がれており、政府の「働き方改革」も推進しているため、少しずつブラック企業は減ってきていますが、まだまだ、安心はできません。

無駄な回り道をせずに、順調にキャリアアップしていくためにも、今回の解説した下記のことをぜひ、活かしてください。

  • SE転職におけるホワイト企業とは
  • ホワイト企業に転職するメリットとデメリット
  • ホワイト企業の見分け方
  • ホワイト企業に転職する方法
SE転職相談員
だいご

よりよい会社に転職して、あなたのSEライフが素晴らしいものになるように、応援しています!
それでは楽しいSEライフを!

ブラックに押しつぶされそうだったSE生活

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です