転職活動

SE必見!おすすめ転職サイトとエージェントの合わせ技

SE必見!おすすめ転職サイトとエージェントの合わせ技
SE転職相談員
だいご

こんにちは、SE転職相談員のだいごです。

SEとしてお悩みのAさん

具体的に転職は考えていないけど、他の会社も気になるわ~。ちょっと転職サイトで情報集めてみようかしら~。

SE転職相談員
だいご

その考え方大事ですよ!普段からそういった情報にアンテナを張っておくことは自分の市場価値、業界の動向を知る上で大切なことです。

みなさんは、今の職場に不満とかはないでしょうか?
ないとしたら素晴らしい会社ですし、少しくらいあっても別に転職は考えないという状態でしょうか。

SEとして働いていると、人間関係、給料、パワハラなどなど職場に関する悩みが尽きないものですが、そんな中でも順調に仕事をされているのは素晴らしいことです。

しかし、IT業界のすべての会社が5年後、10年後と生き残りを保証されている訳ではありません。
会社の業績が悪化し、転職を余儀なくされる可能性も十分あります。

日本の大手メーカーでさえ、バブル入社組の配置転換や早期退職などを行って、人減らしや、減給をして対策を強行しています。もう昔のような安定というものはありません。

ですので、常にアンテナを張って情報収集だけは、行っていても損はありません
むしろ、最悪の辞退(自社の業績悪化)に備えてやっておくべきことです。

では、実際にSEはどの転職サイトなどで情報を集めればいいのか見ていきましょう。

おすすめのSE転職サイト

まずは、気軽に情報収集をしたいという読者のみなさんは、転職サイトへの登録をおすすめします。

転職エージェントを最終的にはおすすめしたいところですが、まずは、気軽に登録したいという場合は、転職サイトがベターです。
自分のペースで、自分の好きな時に求人をチェックできることができます。

転職サイトもたくさんありますが、私がおすすめする転職サイトは、大手の次の2つです。
転職サイト自体は2個も、3個も登録する必要はないです。
サイト間で重複する求人もたくさんありますので、まずは大手で求人数が多いところを使えば間違いありません。

doda

30年以上の歴史を持つ人材業界最大手のパーソルキャリアが運営する転職サイトです。
新着お知らせメールや、スカウトサービスも利用可能です。
IT勉強会のTECH PLAYなどのサービスもやっておりIT業界との親和性も高いサイトになっています。

リクナビNEXT

こちらも人材業界際大手のリクルート社の転職サイトです。
エージェントサービスもありますし、グッドポイント診断など面白いサービスも利用できます。
リクナビNEXTだけの限定求人が85%もあり、さらに正社員求人が9割以上あります。

それぞれの求人サイトで、ITエンジニアとして条件検索した場合の該当件数です。

リクナビNEXT 7407件
doda 15020件

両方とも大手の求人サイトである為、求人の数はかなりの件数です。
このどちらかに登録しておけば、最新の求人動向を知ることができます。

どちらも十分な求人件数ですが、私のおすすめは、より求人件数の多いdodaです。
求人数が多い方が、サイト一つですべての求人を網羅出来て、求人のリサーチも効率よくできるためです。
しかし、サイトの見た目や、操作した感じは、リクナビNEXTの方が使いやすい印象です。

転職サイトへの登録方法

転職サイトへの登録には次の簡単な情報を入力するだけです。
入力もおよそ5分くらいで終わるので、気軽に登録できます。

入力項目
  • 氏名
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 職務経歴
  • 希望条件
  • 情報を公開しない会社

サイトに登録する際に注意すべきポイントは2つです。

Web履歴書の公開設定

転職活動を行っていることが、勤務先にばれるとまずいので、登録した情報は関連企業に見えないようにブロック登録しておきましょう。

Web履歴書の設定

職務経歴も仮で簡単な内容を登録しておいても問題ありません。
あくまで情報収集用ですので、気にしなくて大丈夫です。
もし、本気で転職を考え始めたら、魅力的な内容に書き換えましょう。

おすすめの口コミサイト

転職サイトと合わせて使用すべきなのが口コミサイトです。
実際にその会社で働いている人や、以前働いていた人の生の声を見ることができます。

転職サイトである程度めぼしい会社が見つかったら、その会社の求人情報をもとに、情報の裏付けに口コミサイトを使うといいでしょう。

例えば、
「年収やボーナスの支給について、求人票と金額に偽りはないか?」
「労働時間や残業時間の時間について、実際の口コミでは残業時間に対して悪い評判はないか?」
などです。

今まで3回の転職を行った私が過去に参考にした口コミサイトは下記です。
大抵のサイトが1か月あたり1000円くらいの料金がかかったりします。

カイシャの評判

転職サイトのenが運営する口コミサイト
250万件以上の口コミがあり、無料で口コミを見放題となっています。
会員登録すると会社同士の比較が可能となるが、登録には、過去に勤務した会社名、現在勤務している会社のアンケート(20問くらい)に答える必要があります。

転職会議

口コミ見放題 39日間 980円
国内最大級100万件以上の転職口コミ情報を掲載している。
さらに、10万件以上の求人情報も掲載されているため、口コミを確認しながら転職先を探すこともできる。

オープンワーク(元Vorkers)

有料プログラム 月額1000円
有料となってしまいますが、結構赤裸々な内容が多い印象です。

口コミサイトに書いてある内容は、話半分で見るようにしましょう。
理由は、基本的にマイナスな口コミが多いからです。
手間をかけて「プラスの話」を発信する人は少ないですが、「マイナスの話」になると、手間を惜しまず発信する人が多いからです。
軽い気持ちで見ましょう♪

転職サイトよりも転職エージェント

ここまで転職サイトを紹介してきましたが、実際に読者のみなさんが、転職をするときは、エージェントの使用をおすすめします。

おすすめする理由
  • プロが自分に合う会社を紹介してくれる。
  • 転職活動のサポートをしてくれる。
  • 会社との交渉をやってくれる。
  • 時間を節約できる。

転職サイトで自分で申し込んで進めていくのもいいですが、エージェントであれば、面接の日程調整や、面接対策、給与交渉、入社までの段取りや相談などに応じてくれます。

また、転職サイトでは見つけられなかったような求人をエージェントは非公開求人としてもっていますので、より自分にあった会社を探すことができます。

元SEとして働いていた人がエージェントをやっている場合がありますので、転職相談する上でも、こちらの希望やスキルを十分理解した上で、ベストな会社を紹介してくれます。

無駄な時間をかけて、数多ある求人のなかなか自分で探すよりも、求人情報をマスターしているプロに任せた方が、転職に成功します。

よって、転職サイトよりもエージェントの使用を強くおすすめします。

わたしがおすすめする転職エージェントは次の記事をみてください。

効率的な転職の進め方

私が考える効率的な転職の進め方は下記の通りです。

通年転職サイトで情報収集(希望条件指定でメール配信)
転職エージェントと面談
いい会社があれば転職先と面接
新会社への転職

夏に転職エージェントと面談する理由は、転職での入社時期を新人の入社時期の前にずらすためです。
夏頃から、エージェントを使用してゆっくり活動を始めれば、じっくり転職準備を進められますし、転職先との交渉も焦らず行うことができます。
秋の時点で、今の会社よりも良い条件の会社がなければ、来年まで待つという流れになります。

年に1回くらいは転職エージェントとの面談をやっておくことで、自分の市場価値を客観的に見てもらい、需要がある求人と足りていない部分がないか確認するのが理想的です。

まとめ

というわけで、おすすめの転職サイトや口コミサイトについて説明しました。

  • おすすめのSE転職サイト
  • おすすめの口コミサイト
  • 転職サイトよりも転職エージェント
  • 効率的な転職の進め方

ぜひ、おすすめした情報を有効に活用して頂き、アンテナを張っておきましょう。
アンテナを張って情報を集めておくことで、今、働いている会社の危険な部分(弱み)も見えてきますし、その危険な部分を改善するために、最新の技術を勉強するといった対策も立てられます。

井の中の蛙にならないように、そとに目をむけて情報を集めていくべきです。

私自身、3回の転職をしてきましたが、転職は最後の手段だと思っています。
やはり、今の職場でスキルを伸ばし自分を成長させることで、会社も成長させましょう。
会社を成長させた経験が、自然と自分のキャリアアップにつながっていきます。
自分の手で会社を成長させる醍醐味をどんどん味わいましょう。

それでは、楽しいSEライフを!

ブラックに押しつぶされそうだったSE生活

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です