転職活動

第二新卒のSE転職を成功させるポイント2つ【退職理由は志望動機とのギャップ】

第二新卒のSE転職を成功させるポイント2つ【退職理由は志望動機とのギャップ】
SE転職相談員
だいご

こんにちは!SE歴15年以上、SE転職相談員のだいごです。(⇒プロフィールはこちら)

「第二新卒でのSE転職で気をつけるポイントってありますか?
ブラックな会社しか見つからず困ってます…。」

新卒後に就職した会社を3年以内に辞めると、第二新卒として転職活動をすることになります。

ここ数年、第二新卒という言葉をかなり耳にするようになってきており、求人サイトでも、検索条件に追加されるほどです。

実際に、採用する側でも第二新卒を歓迎しているところも多く、チャンスがたくさんあるのがポイントです。

すぐに辞めちゃったから不利かなぁ…。なんていう気持ちは不要です。

本記事で解説するポイントさえ抑えておけば、あなたの転職は成功させられます。

SEは、将来性、給料、時間、どれをとっても最高の職業です。

本記事を読んで、SEとしての素晴らしいキャリアを進んで行きましょう!

第二新卒のSE転職の現実

採用する側が抱くイメージ

ここ最近、第二新卒自体もかなり認知されてきており、あまりネガティブな印象は持たれなくなってきました。

転職サイトでも、積極的に採用している企業を良く見受けます。

しかし、実際のところ厳しい現実もまだまだあります。

私もどちらかというと採用したくないのが本音です。

入社して3年も経たずに辞めるなんていうのは、よっぽどの理由がないと納得できません。

では、率直にIT企業の採用担当が第二新卒のあなたに抱くイメージを見ていきましょう。

採用する側が抱くイメージ

  • すぐ辞めそう
  • 無理をさせられない
  • 責任ある仕事をさせられない

大抵の場合、こういったイメージを持っており、採用するのを躊躇するのが目に見えます。

これが3年を超えてからの転職だと、ある程度、我慢する力もあり、会社として大きな仕事を任せられると言えます。

私も今まで3回の転職をしてきましたが、2年くらいでようやく、その職場での業務を覚えることができます。

一人で作業が可能になるのもこの頃で、3年目から、その職場で自分がやりたかったことができるようになってきます。

3年に満たないというのは、何もスキルが点いていない状態と言えるのです。

第二新卒を対象とした求人数

実際に第二新卒だと、求人の数がどれくらい変わってくるのか比較してみました。

本ブログでオススメしているマイナビで調べた結果は、次の通りです。

ITエンジニアの求人数は、全部で15,325件ありますが、そのうち、第二新卒歓迎としている求人は3011件です。

求人全体の2割が歓迎という状態ですので、選択の幅は狭まりますが、望みは十分あります。

しかも、ちゃんと開発に携われそうな案件もたくさんあるのが意外でした。

SE転職相談員
だいご

開発ではなく、保守サポート系の求人が多いイメージがありましたけど、全然そんなことないですね!

第二新卒の転職で気をつけるポイント

会議

つぎに、第二新卒としての逆風をいかに跳ね返しつつ、転職を成功させるか?

そのために気を付けるべきポイントを解説します。

何よりも大切なのは、「すぐ辞めるイメージを払拭する」ということです。

そのためには、下記の二つのポイントについて、採用担当を納得させる理由を説明する必要があります。

これは、採用面接で必ず突っ込まれるポイントですので、入念な準備が必要です。

イメージを払拭するポイント

  1. 前職の退職理由
  2. 志望理由

①前職の退職理由

採用側として一番気になるのは、前の職場を何で辞めたのか?ということです。

その理由が自社にも当てはまりそうな場合、また、この人は辞めると判断します。

そういった印象を受ける退職理由としては、下記のようなものがあります。

  • 仕事が合わなかった
  • 楽しくなかった
  • 想像してたのと違った

どれもこれも、気に食わないとすぐに辞めてしまうという印象を与えます。

しかも、なんとな~くダルいから辞めたという緩い感じがヒシヒシと伝わってきます。

SE転職相談員
だいご

今っぽい…。

そんな印象を与えないように、入社前にやりたかったこと(具体的な開発製品や、開発スキルなど)と、実際に現場でやっていた作業を明確に説明し、大きなギャップがあったことを説明しましょう。

そして、ギャップを埋めるために、あなたがどんな行動を取ってきたか。

人を巻き込んで、なんとか変えようとしたが、変えれなかったことを説明するのが大切です。

その他のパワハラ、異常な残業などの理由は、現在では、正当な理由として使えますので、安心してください。

ただし、この場合も、現状を変えるために何かアクションを行ったかが大切です。

②志望動機

もうひとつの重要なポイントは、志望動機です。

前職の退職理由を踏まえて、次の会社で実現したいことをアピールしなければいけません。

次の会社で実現したいことは、採用側の会社の利益に結び付くものにする必要があり、自己成長とかスキルアップを主張し過ぎてはダメです。

自己成長ばかりアピールすると、会社には興味がなくて、スキルが付いたら辞めるのか?っという印象を与えます。

あくまでも、会社の利益に結びつくことをアピールし、そのためには自分も成長して行かなければならない。といった説明がベストです。

なお、あなたの経歴によって、志望動機の書き方は、2つにわかれます。

「前職がSEだった人がSEに転職する場合」と、「SE以外の職種だった人がSEに未経験で転職する場合」です。

SEからSE

SEからSEへの転職は、「やっぱりSEとして仕事を続けたい」という思いをぶつけましょう。

前職では実現できなかったことを踏まえて、次こそはやってみたいと思っている仕事を挙げると、より説得力が増します。

Web系とか、汎用系、組み込み系など、自分が携わってみたいプロジェクトを具体的に探しましょう。

退職後、IT業界についていろいろ調べたり、経験者の話を聞くことで、やってみたいという気持ちがより強くなったというアピールも有効です。

なお、色んなSEとしての仕事は次の記事で紹介しています。

実際に私が経験したことを元に書いているので、リアルな内容になっています。

もともとSEとして社会人をスタートしている分、志望動機のズレは発生しづらいですし、若干の経験がある分、転職を有利に進められるでしょう。

SE以外からSE

営業や事務などのSE以外の職種からSEになる場合は、「SEの魅力を知ってSEとしてやっていきたい」と思ったことをぶつけましょう。

インターネットを使えば、色んな職種の情報が簡単に手に入る時代です。

自分でSEについて調べたり、経験者の話を聞くなどして、SEの魅力を感じることができるはずです。

自分の得意なITスキルを使って、人を助けたり、人の生活を豊かにできるなんて最高です。

SE転職相談員
だいご

このブログでもSEの魅力を発信してますよ!

やりたいと思えた理由は人それぞれでしょう。そこをしっかりアピールしていけば採用、間違いなしです。

第二新卒のおすすめキャリア

15年以上のSE経験と、色々なSEとして働いた経験から、第二新卒のあなたにおすすめしたいキャリアは次の通りです。

第二新卒のおすすめキャリア

転職 → ある程度大きなSIer → 社内SE または ベンダーSE

なぜ、最初に大きなSIerを勧めるかというと、次のようなメリットがあるからです。

大きなSIerで働くメリット

  • 設計からテストまで開発に必要なスキルを網羅できる
  • 大規模プロジェクトを通してチームでの開発を経験できる
  • ドキュメント作成を通して作文力、文書作成能力が向上する
  • 進捗管理や問題管理能力が向上する

どのスキルも、SEとして生きていく為に必要な能力です。

こういった必須スキルを習得できるので、SIerをオススメしています。

いきなり社内SEとか、中小のベンダーに入ってしまうと、一生、中途半端な開発スキルでやっていかなければならなくなります…。

私自身、SIerで学んだスキルがあるからこそ、社内SEとしても、ベンダーSEとしてもなんとかやれてます。

SE転職相談員
だいご

中途で入社したのに、開発の進め方を指導する立場になったりします。

まとめ ~第二新卒のSE転職~

というわけで、第二新卒のSEが転職を成功させるポイントを解説しました。

第二新卒は、ある程度、退職理由が緩くても許されるうらやましい立場です。

これが、5年目、10年目の転職であれば、中途半端な理由での退職は、マイナスにしかなりません。

せっかく優遇されている立場なわけですから、本記事で解説したポイントをしっかり網羅して、転職を成功させましょう。

大手であるほど、第二新卒という緩い世代を囲いこむ傾向があるので、立場を活かさない手はありません。

給料も高くて、アサインされる仕事も優良なものばかりです。

学生時代の転職活動で失敗した”つけ”を、今こそ、挽回しましょう!

SE転職相談員
だいご

それでは、楽しいSEライフを!

ブラックに押しつぶされそうだったSE生活

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です