転職活動

SEやめとけ!と言われるリアルな理由4つ【15年3社でSEをやった経験から厳選】

SEやめとけ!と言われるリアルな理由4つ【15年3社でSEをやった経験から厳選】
SE転職相談員
だいご

こんにちは!SE歴15年以上、SE転職相談員のだいごです。(⇒プロフィールはこちら)

転職を考えているMさん

SEはやめとけ!って言われたんですけど実際はどうなんですか?

SE転職相談員
だいご

かなりきつい仕事ですからね…。
っていうのは昔の話で、今はどんな職業よりも働きやすく、将来性も高い仕事ですよ。

システムエンジニアって、昔から3Kって言われていて大変な仕事ってイメージがあります。

「きつい」「帰れない」「給料安い」をまとめて3Kって表現しますが、本当にそうなんでしょうか。

本当だとして、一生、SEとして働き続けようとした場合に、この3つがそろうことは致命的です…。

帰れないならせめて、残業代がしっかり払われて、たっぷり給料をもらえれば我慢できるんですが、3つそろうのは最悪パターンです。

実際、私も15年以上にわたってSEとして働いてきていますが、3つそろったことはないです。

「きつい時、帰れない時」っていうのは、必ず残業代が払われるので、給料がホクホクになります。

そのため、給料ががっつり上がるので、特に不満がない状態でした。

本記事では、この3Kに関わる理由以外にも「SEやめとけ!」と言われてしまう理由を分析し、実際はどうなのか?解説します。

15年以上、SEとして働いて感じたことを赤裸々に書きますので、ひかないようにお願いします。

SEやめとけ!と言われる理由

失敗

SEやめとけ!

こんなに素晴らしい仕事なのに、なぜそんな風に言われるんでしょうか?

実際にSEとして長年働いてきて、感じるのは次の理由です。

SEやめとけ!と言われる理由
  1. 残業が多い
  2. 人として扱われない
  3. 2次請け
  4. 長く働けない

それぞれの項目について、その理由と実態を解説していきます。

SEじゃない人からのイメージに惑わされるのではなく、ベテランSEからの情報を信頼しましょう。

①残業が多い

やはり、SEのイメージとして根強いのはこれでしょう。

「毎日終電」「定時後から本気」なんて言葉もあるくらいですからね…。

17時半の定時を迎えると、夜食を食べに近くのカフェに移動。

夜食を30分で食べて、事務所に戻り、作業再開!

なんて毎日が昔はありましたね。実際に。

その頃の残業時間は、月間40時間くらいで、70時間を超える月もちらほら。

2000年頃のITバブルだったあたりは、こんなプロジェクトがしばしばありました。

しかし、それは昔の話。

ここ5,6年は、残業をコストとみなし、いかに残業を減らすかという意識にシフトしています。

そのため、月間20時間を超えることはなく、ゼロの月もあれば、一桁に収まることが当たり前になりました。

SE転職相談員
だいご

残業が減るのはいいですが、その分、仕事の効率化を求められるので、それはそれでプレッシャーですが…。

②人として扱われない

つらい。。。

なんか、ちょっと過激な表現ですが、そう感じる状況もあります。

IT業界に多いのが請負契約や、SES契約による客先常駐という働き方です。

次の記事で詳細は解説していますので、参考にしてください。

仕事の発注元企業の事務所に常駐して、開発を行う働きかたですが、これがくせ者です。

仕事で使うPCは、発注元企業のお客様社員が3年以上前に使っていたお古です。

お客様社員にて何年も使い込まれたPCを使って設計、開発するんです。

自分の会社から持ち込んだ新しいPCを使いたいけど、セキュリティの都合で、持ち込めません。

PCを完全に起動するまで、10分以上かかるようなPCです。

SE転職相談員
だいご

作業スピードに影響するのは目に見えていますよね…。

PCだけじゃありません、デスクもお客様のお古です。

お客様が使っていたデスクを新調した時に、古いデスクは、客先常駐者向けの作業部屋に移設されます。

ちょっと幅が狭い、引き出しも開きづらい、そんな微妙な机で仕事をするんです。

PCもデスクも何もかもお古を使うことになるため、何か人として扱ってもらえてない気がしてきます。

昔の奴隷制度で働いているかのような、差別を受けているような、そんな気持ちもしてきます…。

この悪しき風習は、意外と今も続いています。

発注する側としても、常駐してもらう人数はプロジェクトによって、変動してしまいます。

そのため、すべて新調して準備するのはコストがかかります。

自社の社員にお金をかけるのは当たり前ですが、どうしても請負先に環境を提供することはできません。

だったら、請負側の自社に持ち帰って開発させればいいじゃないか!

って思うかもしれませんが、セキュリティ上、難しいんです。

開発に必要な仕様書や設計書は、社外に持ち出すことができないことが多く、どうしても常駐してもらう必要があります。

③2次請け

準備

これも、昔からある悪しき風習であり、IT業界が敬遠される理由の根本かもしれません。

IT業界も、土木建築などのゼネコン業界と同じように2次請け、3次請けというのが当たり前にあります。

メーカーや大手ITベンダーを頂点にして、中小のIT企業がわらわらと下にぶら下がっていきます。

当然、業界の頂点にいる会社は、がっぽり儲かりますが、末端の3次請けは儲かりません。

そこで働くSEは、テストや運用ばかりやさられて、SEとしても成長できないという、最悪の状況になります。

給料面でも差が大きく、あまり末端の方だと結婚どころか貯金すらも難しくなってきます。

SE転職相談員
だいご

スキルも付かないし、収入もいまいちでは、将来の不安しかないですよね…。

今もこんな状態は続いています。

やはり、発注側と受注側の関係を切り崩すのは、難しい問題です。

しかし、IT技術者が今後、ますます不足してくる問題もあり、IT業界全体として、給料が上がるようになるかもしれません。

そもそも、日本のIT技術者の給料は、諸外国と比較すると非常に低水準です。

この基準が見直されてくるチャンスです。

また、さらに大きなチャンスがSEにはあります。

DXの波によって、各事業会社では、社内にSEを確保する動きが加速していることです。

それにより、下請けで仕事をしていたSEが、大手の非IT企業の情報システム部門に転職する話が出てきています。

非IT企業でも、自社システムの内製化ができるように、IT部門への投資を進めるとともに、人材の確保も進めているのです。

SE転職相談員
だいご

これらの流れが本格化されていけば、IT業界の悪しき風習も淘汰されていくかもしれません。

④長く働けない

SEってデスクワークなので、年をとっても働けそうなイメージがありますが、そんなことはありません。

意外と体が資本な職業であり、年を取るごとに厳しくなってくるのは否めません。

SEとして働き続けるには、次の3つの能力を維持していかなければなりません。

SEとして働き続けるために必要な能力

  • 緊急時に残業をする体力
  • 新しいことを覚える記憶力
  • パソコンの画面を見るための視力

ひとつでも衰えてくると、SEとして仕事を続けることが大変です。

特に3つ目の視力は、死活問題です。

視力が落ちてくると、小さい文字が読めません。当たり前ですけど…。

文字が小さいと感じた場合は、表示するフォントを大きくしたり、画面を大きくしたりします。

そうすると、一画面に表示される情報量が減ってしまう為、全体を把握するのが難しくなります。

特に仕様書を読み込む際に、これが大変です。

ただでさえ、考える力も衰えているのに、入ってくる情報も少なくなってしまったら、エンジニアなんてやってられません。

実際どうかというと、これは変わらないでしょう。

職場にも50代のSEの方がいますが、なかなか視力の衰えは大変そうです。

打合せで眠ってしまったり、資料の字が小さくてついていけなかったり…。

視力については、レーシックとかお金をかければなんとかなる時代にはなっていますが、さらなる医療の発達を期待したいところです。

まとめ ~SEやめとけ~

しっかり判断

というわけで、「SEやめとけ!」と言われる理由を15年以上のSE経験から解説しました。

長年、SEをやっていると色んな悪いところが見えてきますが、その中でも今回紹介したものは、SE生命にかかわる重要なものを厳選しました。

技術の発展や、時代の移り変わりとともに、改善されているものもありますが、まだまだ、苦難は続きます。

これを読んだあなたは、「そうだね。SEは辞めとこう」って感じてないでしょうか?

SE転職相談員
だいご

不安をあおるような、ネガティブなものだけしか挙げていないので、やむ負えませんね…。

しかし、そのネガティブな内容は、他の職種でも同じことが言えるます。

SEだけを大変だって思うのは安易です。

SEとして働く良い面も把握して、そのトータルでどちらがいいのか判断すべきです。

本ブログでも、SEの良い面を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

SEほど、素晴らしい仕事はありません。

ぜひ、あなたもSEとしてデビューして、一緒にITの力で世の中を便利にしていきましょう!

SE転職相談員
だいご

それでは、楽しいSEライフを!

ブラックに押しつぶされそうだったSE生活

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です